ニュース
» 2019年08月18日 15時55分 公開

「たけしの挑戦状」が2020年春に舞台化 サイト出現の謎言語「きむっけ゜ せあっ」→ ひんたぼ語での解読に成功

これはもしや……「ひんたぼ語」!!!

[Kikka,ねとらぼ]

 1986年に発売されたファミリーコンピュータ用ゲーム「たけしの挑戦状」が2020年4月に舞台化することが、分かりました。演出を担当するのはヨーロッパ企画の上田誠さん。


たけしの挑戦状たけしの挑戦状 舞台化が決定した「たけしの挑戦状」(関連記事より)

 南海の孤島に眠っているという財宝を探しに行くというストーリーで人気を博した「たけしの挑戦状」は、ビートたけしさんが監修したことでも知られる作品。キャッチコピーに「謎を解けるか、一億人。」「常識が危ない。」と打たれている通り、ゲーム内では「1時間放置する」など奇想天外で理不尽な謎解きがいくつも用意されており、「伝説のクソゲー」として語り継がれています。

 そんな「たけしの挑戦状」ですが、2020年4月に ニッポン放送開局65周年記念公演「たけしの挑戦状 ビヨンド」としてよみがえることが分かりました。舞台化を手掛けるのはヨーロッパ企画で、作・演出は上田誠さん。東京・紀伊国屋ホールのほか、大阪、名古屋、広島、高知公演などが予定されているとのことで、既にオープンしている公式サイトには「きむっけ゜ せあっ」の文字だけが表示されています。


たけしの挑戦状 「たけしの挑戦状 ビヨンド」のサイトに表示されている謎の文字(公式サイトより)

 この意味不明な文字の羅列と言えば、「たけしの挑戦状」内で出てくる「ひんたぼ語」でしょうか。「ひんたぼ語」は、作中登場する島の住民が使う言葉で、「あ」なら「い」に、「せ」なら「そ」という感じで文字を1つずつずらされているのが特徴。「こんにちは」なら「さっぬつひ」になるということですね。

 つまり「きむっけ゜ せあっ」は「かみんぐ すーん」になるのでしょうか。続報が楽しみです。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.