ニュース
» 2019年08月18日 15時55分 公開

「たけしの挑戦状」が2020年春に舞台化 サイト出現の謎言語「きむっけ゜ せあっ」→ ひんたぼ語での解読に成功

これはもしや……「ひんたぼ語」!!!

[Kikka,ねとらぼ]

 1986年に発売されたファミリーコンピュータ用ゲーム「たけしの挑戦状」が2020年4月に舞台化することが、分かりました。演出を担当するのはヨーロッパ企画の上田誠さん。


たけしの挑戦状たけしの挑戦状 舞台化が決定した「たけしの挑戦状」(関連記事より)

 南海の孤島に眠っているという財宝を探しに行くというストーリーで人気を博した「たけしの挑戦状」は、ビートたけしさんが監修したことでも知られる作品。キャッチコピーに「謎を解けるか、一億人。」「常識が危ない。」と打たれている通り、ゲーム内では「1時間放置する」など奇想天外で理不尽な謎解きがいくつも用意されており、「伝説のクソゲー」として語り継がれています。

 そんな「たけしの挑戦状」ですが、2020年4月に ニッポン放送開局65周年記念公演「たけしの挑戦状 ビヨンド」としてよみがえることが分かりました。舞台化を手掛けるのはヨーロッパ企画で、作・演出は上田誠さん。東京・紀伊国屋ホールのほか、大阪、名古屋、広島、高知公演などが予定されているとのことで、既にオープンしている公式サイトには「きむっけ゜ せあっ」の文字だけが表示されています。


たけしの挑戦状 「たけしの挑戦状 ビヨンド」のサイトに表示されている謎の文字(公式サイトより)

 この意味不明な文字の羅列と言えば、「たけしの挑戦状」内で出てくる「ひんたぼ語」でしょうか。「ひんたぼ語」は、作中登場する島の住民が使う言葉で、「あ」なら「い」に、「せ」なら「そ」という感じで文字を1つずつずらされているのが特徴。「こんにちは」なら「さっぬつひ」になるということですね。

 つまり「きむっけ゜ せあっ」は「かみんぐ すーん」になるのでしょうか。続報が楽しみです。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響