ニュース
» 2019年08月19日 10時30分 公開

スーパーカーの内装が「大英博物館」風……どういうこと!? 「マクラーレンGT」に豪華なスペシャルモデル (1/2)

高級車としての所有欲も満たす特別なマクラーレンだそうです。【写真11枚】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 マクラーレン・オートモーティブは8月14日(現地時間)、2019年8月に米国で開催された自動車イベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス 2019」で、新型スーパーカー「マクラーレンGT」のスペシャルモデル「マクラーレンGT by MSO」を披露しました。2019年第4四半期にまず米国で発売予定、価格は21万ドル(約2234万円)からです。

マクラーレン GT MSO マクラーレンGT by MSO(写真:マクラーレン・オートモーティブ、以下同)

 マクラーレンGT by MSOの「MSO」とは、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズの略で、マクラーレンのビスポーク部門、つまり、オーナーの好みに合わせたフルオーダーメイドのスーパーカーを作り上げるためのチームが手掛けたクルマであることを意味します。

マクラーレン GT MSO 大英博物館をモチーフにした特別な内装
マクラーレン GT MSO 上に開くバタフライドアも装備

 デザインモチーフはマクラーレンのお膝元、英国の世界的博物館「大英博物館」。スーパーカーの内装に博物館とは一体どういうことでしょう。大英博物館の特徴的な天蓋(てんがい)にインスピレーションを受け、レザーシートなどに印象の残る特別な幾何学模様を取り入れています。612馬力を発生する4リッターV8エンジンなどマクラーレンGTの走りのポテンシャルはそのままに、速さだけでなく高級車としての所有欲や満足度も満たす特別な内外装に仕上げたのです。

 また、通常仕様のマクラーレンGTにもオプションとして設定されていますが、ボタン1つでルーフが透明/半透明に切り替わる、近未来感あふれる装備「エレクトロクロミックガラスルーフ」も採用します。(関連記事)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.