ニュース
» 2019年08月21日 13時00分 公開

9月14日限定! 熊本県全域のバス、一部電車が終日無料に 大型商業施設オープン記念で

JR線などは含まれませんが、県内全域ってすごい。事業会社の垣根を越えた希有な取り組みです。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 熊本県内でバス、観光事業を展開する九州産交グループが、2019年9月14日限定で「県内のバス、一部電車の乗車料金を終日無料」にすると発表しました。

九州産交グループ 2019年9月14日は熊本県内のバス、電車が無料に(産交バス公式サイトより

 この無料化施策は、同日に熊本市中央区にできる大型商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」のオープン記念の一環。同グループが運行する交通機関だけでなく、熊本県全域の他事業会社の路線バス、コミュニティーバス、熊本市交通局の熊本市電、熊本電鉄線なども対象となる、事業会社の垣根を越えた取り組みです。

 約10万人の来場があると予想されるオープン日の自家用車渋滞緩和を主に、国内最大級の乗降場とする大型の「熊本桜町バスターミナル」を併設する同施設ならではの特長を生かし、公共交通機関の利用を促すのが狙いです。無料化による関係各所への費用補填は、九州産交グループが負担します。

九州産交グループ SAKURA MACHI Kumamoto完成イメージ

九州産交グループ 建設中の「SAKURA MACHI Kumamoto」(奥)と現在の「熊本桜町バスターミナル」仮停留所

 無料対象は、同グループの「九州産交バス」「産交バス」の他、空港往復便、当日は運行しない土曜運休便、県外乗入れ便などの一部を除く「電鉄バス」「熊本バス」「熊本都市バス」や地元タクシー会社が運行する路線バス、コミュニティーバス、「熊本市電(熊本市交通局)」「熊本電鉄線(熊本電気鉄道)」などです。

 当日は同施設の発着に限らず、始発便から最終便まで、対象路線のバス停・電停のどこで乗り、降りても無料で使えます。JR線、肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道などの鉄道路線は残念ながら含まれませんが、事業会社の垣根を越え、県内全域で無料化とする試みは同社によると全国初といいます。

九州産交グループ 無料対象となる交通機関

九州産交グループ オープンは2019年9月14日

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.