ニュース
» 2019年08月26日 11時00分 公開

推しへの愛がヤバい母親の実録漫画がエキセントリック ポール・マッカートニーと結婚したくて英語ペラペラに

ポールと結婚するために英語ペラペラ。

[ねとらぼ]

 「ポール・マッカートニーと結婚するために英語を勉強し続けてペラペラ」「ライブ前には緊張でご飯が食べられない」など、推しへの愛がヤバいお母さんを描いた実録漫画がTwitterで話題です。

 作者はお母様のエピソードを投稿しているギャグ漫画家の並庭マチコ(@manga_m)さん。


母から推しへの愛がヤバい 愛がヤバい


 ビートルズのポールをこよなく愛するお母様。その愛の深さはポールと結婚するために英会話をマスターするほど。旅行が好きなのにイギリスだけは「嫁ぎ先の国」として観光を避けるなど、愛の深さとは関係ない方向で独特の価値観もお持ちのようです。

 そんなお母様がポールの来日ライブに行くことに。開演前には食べ物が喉を通らなくなるほど緊張し、まるで乙女のようなふるまいを見せます。


母から推しへの愛がヤバい

母から推しへの愛がヤバい

 ライブが始まるとポロポロと涙をこぼすお母様。「推しを見て感涙してる」と喜ぶ並庭マチコさんでしたが、涙のわけは想像と180度違っていました。

 お母様が泣いてしまったのは「ポールが豆つぶ大にしか見えない距離感」に絶望したから。学園のアイドルを遠くから見つめる女学生のように、愛するだけでは縮まらない距離に切なさを感じてしまったのです。マジすぎる。


母から推しへの愛がヤバい

 ポールを日本から帰したくないあまりに鎖国を提案し、彼を敵から守る妄想に勤しむなど、どこまでも奔放でエキセントリックなお母様。その後はライブに行っても涙することは無くなりましたが、代わりに双眼鏡越しの「ソウルトーク」を楽しむようになったそうです。ソウルトークって何?


母から推しへの愛がヤバい


 並庭マチコ(@manga_m)さんは、これまでにもお母様にまつわるエピソードを多数投稿。急に「貴族の親子ごっこ」を仕掛けてくるお母様など、微笑ましいお話が並んでいます(

関連記事)。

画像提供:並庭マチコ(@manga_m)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」