ニュース
» 2019年08月26日 11時00分 公開

推しへの愛がヤバい母親の実録漫画がエキセントリック ポール・マッカートニーと結婚したくて英語ペラペラに

ポールと結婚するために英語ペラペラ。

[ねとらぼ]

 「ポール・マッカートニーと結婚するために英語を勉強し続けてペラペラ」「ライブ前には緊張でご飯が食べられない」など、推しへの愛がヤバいお母さんを描いた実録漫画がTwitterで話題です。

 作者はお母様のエピソードを投稿しているギャグ漫画家の並庭マチコ(@manga_m)さん。


母から推しへの愛がヤバい 愛がヤバい


 ビートルズのポールをこよなく愛するお母様。その愛の深さはポールと結婚するために英会話をマスターするほど。旅行が好きなのにイギリスだけは「嫁ぎ先の国」として観光を避けるなど、愛の深さとは関係ない方向で独特の価値観もお持ちのようです。

 そんなお母様がポールの来日ライブに行くことに。開演前には食べ物が喉を通らなくなるほど緊張し、まるで乙女のようなふるまいを見せます。


母から推しへの愛がヤバい

母から推しへの愛がヤバい

 ライブが始まるとポロポロと涙をこぼすお母様。「推しを見て感涙してる」と喜ぶ並庭マチコさんでしたが、涙のわけは想像と180度違っていました。

 お母様が泣いてしまったのは「ポールが豆つぶ大にしか見えない距離感」に絶望したから。学園のアイドルを遠くから見つめる女学生のように、愛するだけでは縮まらない距離に切なさを感じてしまったのです。マジすぎる。


母から推しへの愛がヤバい

 ポールを日本から帰したくないあまりに鎖国を提案し、彼を敵から守る妄想に勤しむなど、どこまでも奔放でエキセントリックなお母様。その後はライブに行っても涙することは無くなりましたが、代わりに双眼鏡越しの「ソウルトーク」を楽しむようになったそうです。ソウルトークって何?


母から推しへの愛がヤバい


 並庭マチコ(@manga_m)さんは、これまでにもお母様にまつわるエピソードを多数投稿。急に「貴族の親子ごっこ」を仕掛けてくるお母様など、微笑ましいお話が並んでいます(

関連記事)。

画像提供:並庭マチコ(@manga_m)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響