ニュース
» 2019年08月26日 19時08分 公開

ディズニーシー「ジャスミンの噴水」に囲い、撮影マナーのせい? 運営元「改修の一環」

「パーク内では安全性の向上や修繕を目的として工事をさまざまな場所で行っており、今回もその一環です」とオリエンタルランド。

[ねとらぼ]

 東京ディズニーシー内のエリア「アラビアンコースト」にある「ジャスミンの噴水」が8月第3週ごろから植栽で囲われていると話題になっています。SNSでは噴水のふちに座って写真撮影する来園者が多くいたためではないかとの声も。運営元に理由を聞きました。

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに問い合わせたところ、「先週から(ジャスミンの)噴水に囲いができているのは事実」とのこと。囲いを設置した理由については「該当の噴水にかかわらず、パーク内では安全性の向上や修繕を目的として工事をさまざまな場所で行っており、今回もその一環です」との回答でした。

人気のフォトスポットで、Instagramには「ジャスミンの噴水」のタグ付きで多くの写真が投稿されています

 以前にも、東京ディズニーランドで木箱のオブジェが撤去された際に、木箱の上に乗って撮影する来園者が多数いたためではと話題になりました。このときもオリエンタルランドは「改修の一環」としていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.