ニュース
» 2018年12月10日 15時50分 公開

ディズニーランド「音が出る木箱」、迷惑撮影に伴い撤去か 広報部「改修の一貫 撤去は進行次第」

トゥーンタウンの奥にある、取っ手を引っ張ると動物の鳴き声が出る木箱。SNS人気に伴い、載っかるなど撮影でマナー違反する利用客が増えていました。

[黒木 貴啓ねとらぼ]

 東京ディズニーランドの「トゥーンタウン」エリアの奥にある、取っ手を引っ張ると音が出る“木箱のオブジェ”が積まれた一角――11月に植栽が設置されて立ち入れなくなった上に、今現在はオブジェそのものが撤去されているのですが、この理由が「SNSに写真をあげるために木箱の上に乗るゲストが後を絶たなくなったから」だと、一部の利用客のマナーを批判する声がTwitterで注目を集めています。

 同園を運営するオリエンタルランドの広報部に植栽や撤去の経緯について取材しました。

東京ディズニーランド 木箱 トゥーンタウン 撤去 植栽 取材 うわさ トゥーンタウンの木箱のオブジェの一角

音を鳴らして楽しむ木箱が足台に

 立ち入りができなくなっているのは、1996年4月に開設した「トゥーンタウン」のアトラクション「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」のすぐそばに設置されているコーナー。90年代半ばのハリウッドのような建物の前に運搬用の木箱のオブジェが10個ほど積まれており、うち6個は取っ手を引っ張ってフタを開けようとすると、牛のような動物の鳴き声が中から聞こえてくる仕掛けが施されていました。



 ここ数年はスマートフォンやSNSのブームに伴い、木箱のコーナーも撮影スポットとして人気に。しかし一部には凝ったポーズを取ろうと木箱の上に載ったり寝そべったりする利用客もおり、SNSでもこうした写真を見かける機会が増えてきていました。ある木箱には「NO STEP(乗らないで)」と注意文まで書かれていますが、それでも乗る人は絶えず、「本来は音を鳴らして楽しむものなのに壊れないか心配」「子ども向けのコーナーを高校生や大学生たちで独占しないでほしい」とマナー違反を問題視する声があがっていました。

東京ディズニーランド 木箱 トゥーンタウン 撤去 植栽 取材 うわさ 植栽の再現イラスト

 その流れの中、11月後半に木箱コーナーの前に植栽が設けられて入れぬようになり、「とうとう木箱が撤去された」とうわさが一気に広がるように。「非常識なやつのせいで完全撤去。何がインスタ映えだよふざけんな」と、マナー違反が原因で撤去されたと怒りをあらわにしたツイートは4万回以上リツイートされ、「インスタ映えよりディズニーそのものを楽しめばいいのに」「一部の人のせいでなくなるのはとても残念」と怒りや悲しみの声が寄せられています。

広報「撤去について詳細は控えます」

 木箱のコーナーが立ち入りできなくなっているのはなぜなのか、そもそも木箱は永遠に撤去されてしまったのか――オリエンタルランドの広報部に取材したところ、次のように回答しました。

 「ディズニーリゾートの園内ではゲストの皆さまが気付かないだけでさまざまな場所で小さな改修を多くやっております。理由は修繕や安全性の向上などさまざまですが、今回の木箱の一角も改修の一貫です。残念ながら、改修工事の個別の目的、工事期間については答えを控えさせていただきます」(広報部担当者)

 木箱は撤去されたままになるかどうかについては、「修繕の進行によって、最終的にどのようにするのか決定していくと思いますが、詳細はお控えさせていただきます」とのこと。撤去されたと決まったわけではないですが、このまま無くなる可能性も現時点では残っているようです。

 また今回の木箱のコーナーに限らず、一部のゲストがSNSの投稿用に本来入ったり載ったりしてはいけないところで撮影に及ぶ事例はパーク全体で増えてきている様子。こうした変化にパーク側で対策は講じているか広報部に聞いたところ、次のように答えました。

 「確かにSNSに園内での記念写真を投稿される方は増えていますが、開園当初からゲストの皆さまに思い出づくりとして写真を撮っていただいております。撮影マナーとして、他のお客さまのご迷惑になる行為、安全面に差し支えのある行為を見掛けた場合はキャストからお声がけさせていただいており、その方針に変わりはございません」(広報部)

 SNSでは今回の話題を受けて、「あらためて個人でルールを理解して楽しく過ごしたいなと思えました」「今まで悪気もなく撮っていたので、悲しく恥ずかしく思います。また行くことがあれば節度のある楽しみ方をしたいです」と反省の声も見受けられました。夢の国はパーク側だけでなくゲストも一緒に作っていくもの。はしゃいで周りへの配慮を忘れがちになるかもしれませんが、節度をもって行動したいところです。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」