ニュース
» 2019年08月28日 19時00分 公開

酒好きに教えたい神アイテム発見! 祭りで缶ビールを飲みながら焼きそばが食べられて超幸腹

ビールを持っててくれる恋人がいなくても安心。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 お祭りやBBQなどで、缶ビールを持っていても、食事ができるアイデアグッズ「プルタブフック」が神アイテムです。

プルタブフックで食事をするときプルタブフックで飲み物を飲むとき 食事中は指に缶をかけて、飲むときは外します(画像提供:はっと@唐草王子さん)

 プルタブフックは、指に引っかける穴と、缶飲料のプルタブに引っかけるフックが一体となったグッズです。プルタブフックを小指にかけ缶飲料をぶら下げれば、その手で皿を持つことができ、お箸で食事ができます。飲みたいときは、フックから外せばOKです。

プルタブフック プルタブフック(画像提供:はっと@唐草王子さん)

 この神アイテムを制作したahnitol(@ahnitol)さんに、どうして作ろうと思ったのか聞きました。きっかけはお祭りでの出来事にあったそうです。

 お祭りで缶ビールを飲みながらぶらついていると、屋台で焼きそばを買いたくなります。しかし、片手にビール、もう一方の手に焼きそばでは、お箸が持てません。カップルが互いのビールを持ち合って交互に食べる姿はよく見ますが、自分は一人。その悔しさからプルタブフックの開発を決意しました。

 本業が造形屋なため、試作品はいくらでも作ることができました。付け心地やプルタブのかけ外しのしやすさを追求するために、何度も試作を繰り返したそうです。

 プルタブフックは、ahnitolさんのサイトで通信販売しているほか、コミケや造形イベントなどで販売または無料配布をしています。サークル名は「アーニトル」。また、Amazonでも販売しています。

 ahnitloさんは、カニ型のペンホルダー(関連記事)や“ようじを拾うネコ”の姿をしたようじ入れ(関連記事)など個性的な作品をたくさん作っています。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.