ニュース
» 2019年09月01日 18時00分 公開

例の兄弟もいる!? 「ニンテンドースイッチ」を使って列車と駅ホームを表現したミニチュアアートが面白いと話題に

違った視点で観察すると別世界が見えてくる?

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 人気ゲームハード「ニンテンドースイッチ」を、駅と列車に見立てたミニチュアアートが、Twitterで大きな注目を集めていました。よく見ると例の兄弟もいる……!?

ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を駅と列車に見立てたアート作品/タイトル「スイッチひとつで旅気分」

 作品を公開したのはミニチュア写真家として知られているアーティスト、田中達也@tanaka_tatsuya)さん。田中さんは、日常にあるものを別のものに見立てたアートで人気を集めています。

 今回の作品は任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」を使ったもので、コントローラーを列車のように連結させてレールの上に置き、本体を接続するドックは駅のホームに見立てています。

ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ 手前にいるのはもしやマリオとルイージ!?/タイトル「スイッチひとつで旅気分」

 手前を元気よく歩いている(?)赤と緑の服を着た2人の人形は、もしや任天堂を代表するキャラクター「マリオ」「ルイージ」では!? ちょっとした小ネタが仕込まれているのも面白いですね。

 田中さんは2011年4月から、自身のWebサイト「MINIATURE CALENDAR」やTwitter、Instagramなどで、自身の作品を公開しています。十徳ナイフを使って空港を表現した「十徳国際空港」、えんぴつなどの文房具を使って旅客機への搭乗シーンを表現した「文房具は机内持ち込みOK」から、ホッチキスの芯などのオフィス用品で駅や街並みを再現した作品まで、個性豊なミニチュアアートがたくさん公開されています。

 お米を雲に見立てて「Have a rice(nice) trip!」と名付けられた作品など、クスリとくるタイトルも癒やしポイント高いですよね。

ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ 十徳ナイフを空港に見立てた作品/タイトル「十徳国際空港」
ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ ごはん(ライス)を雲に見立てた作品/タイトル「Have a Rice Trip!(Sky ver.)」
ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ えんぴつなどの文房具を使った作品/タイトル「文房具は机内持ち込みOK」
ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ オフィス用品を使って駅の改札とホームを表現した作品/タイトル「ステーショナリーステーション(駅構内)」
ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ ホッチキスの芯で駅やビルを表現した作品/タイトル「ステーショナリーステーション」
ミニチュア アート 田中達也 ニンテンドースイッチ ごはんとフォークで作られた作品/タイトル「Have a Rice Trip!(Sea ver.)」

 田中さんのミニチュアアートは、8月31日から福岡市科学館で開催されている「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」で実際に見ることができるほか、10月18日からは金沢21世紀美術館でも同展が開催される予定。また、台湾・高雄でも9月15日までの日程で「微型展 2.0 -田中達也的奇幻世界-」が開催中。ほか展覧会の予定は田中さんのWebサイトで確認することができます。

(C) Tatsuya Tanaka

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.