ニュース
» 2019年08月30日 11時00分 公開

あの「Netflixのゲーム版みたいなサービス作った」がついに本格始動! 10月からβサービス開始、定額制で過去の名作美少女ゲームが遊び放題に

2019年冬の正式リリース時には、少なくとも100タイトルの提供を目指しているとのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2019年4月に試作され話題を呼んだ「Netflixのゲーム版みたいなサービス」(関連記事)が、ついに実現に向けて動き出しました。美少女ゲーム中心の月額制クラウドゲーミングサービス「OOParts(オーパーツ)」として、本日(8月30日)から関係者向けのクローズドαテストを開始。その後一般向けのβサービスを行い、2019年冬に正式リリースが予定されています。



OOParts
OOParts サービス名は「OOParts(オーパーツ)」に

 DMMから独立して起業した、エンジニアの小川楓太(@ogawa0071)さんが主導するプロジェクト。クラウドで動いているゲームのプレイ画面を、PCやスマートフォンのWebブラウザへ映像として配信するというのが基本的な仕組みです。サーバー上で古いOSを動かせば、現行OSでは動かないようなオールドゲームも特別な環境なしで遊べるとあって、試作段階から期待の声が寄せられていました。


OOParts
OOParts
OOParts PCでもスマホでも、最新のWebブラウザさえあればプレイ可能。表示解像度は最大でフルHD

 試作版を紹介したツイートが大きな反響を呼び、ゲームメーカーからも多くの好意的な反応があったことから、小川さんは本格的な事業化を決定。月額課金制で全配信作品が遊び放題のクラウドゲーミングサービスとして開発を進めました。タイトルのラインアップは主にWindows用のアドベンチャーゲーム(美少女ゲーム)で、クリエイターの表現を尊重し、App StoreやGoogle Playでは配信できないような成人向けゲームにも対応していくとのことです。

 動作環境については、基本的には最新のWebブラウザが動く環境であればPC、スマホを問わず利用可能。一応、Windowsなら7以降、macOSならば10.13以降、Androidは8以降、iOSは12以降が推奨環境とされています。

 正式サービス開始までの進行はほぼ固まっており、まずは8月30日より一部関係者(主に法人)に向けたクローズドα版をリリースし、その後10月から一般ユーザーも無料で参加可能なβサービスを開始する予定とのこと。クローズドαの時点で遊べるタイトルは「MOON.」「キラ☆キラ」「超電激ストライカー」「1/7の魔法使い」「聖鍵遣いの命題《プロポジション》」の5タイトルで、正式サービスでは少なくとも100タイトルを用意してのスタートを目標としているそうです(β版でのタイトル数は「現時点では未定」とのこと)。なお、β版の参加受付は先着順で、「OOParts」の公式Twitter(@OOParts_JP)をフォローし、事前登録用のツイートをリツイートすることで事前登録完了になるとのことです。



OOParts 初期段階のラインアップ

 正式サービス開始後の料金については今のところ不明。美少女ゲームだけに限らず「美少女ゲーム的な要素を含むゲーム」であれば、RPGやシミュレーション、乙女ゲーなども追加していく可能性があるそうで、今後の動きが注目されます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.