ニュース
» 2019年08月31日 20時46分 公開

ポン・ジュノ監督「パラサイト」、予告編とポスター公開 オリジナルポスターとの違いに注目集まる(1/2 ページ)

「殺人の追憶」「スノーピアサー」などで知られるポン・ジュノ監督。

[後藤瞭,ねとらぼ]

 第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」(2020年1月公開)の日本版ポスターと予告編が公開されました。

パラサイト 半地下の家族 韓国 映画 カンヌ 「パラサイト 半地下の家族」日本版ポスター

 本作は“半地下”住宅に住む、全員失業中のキム一家を中心としたブラックコメディー。長男のギウがIT企業を経営する裕福なパク氏の家へ家庭教師として面接を受けに行くことをきっかけに、想像を超える悲喜劇が加速していきます。

 メガホンを取ったのは「殺人の追憶」「スノーピアサー」などで知られる鬼才ポン・ジュノ。主演には韓国映画界で数々の記録を打ち立てた名優ソン・ガンホが抜てきされ、公開されると韓国で1,000万人、フランスで150万人動員する盛り上がりを見せました。

パラサイト 半地下の家族 場面写真 ソンガンホ キム一家 怪しい会話をするキム一家

パラサイト 半地下の家族 場面写真 ソンガンホ キム一家 豪邸 嫌な予感しかしない......

 解禁された予告では、薄暗い“半地下”に住む貧しいキム一家の日常や、ギウが家庭教師として豪邸へと足を踏み入れるシーンに加え、キム一家が企む「ある計画」の存在が明らかとなっており、「貧しい家族」と「裕福な家族」がどのように交わっていくのか、予測不能な展開に期待が膨らみます。

映画「パラサイト 半地下の家族」30秒予告

 ネットでは映画の公開を期待するとともに、公開された日本版ポスターの「ある部分」について「え!? そこ消しちゃうの!?」「めちゃ重要なものが消されてた!」「ほのぼのっぽくなってる」など、オリジナルのポスターとは異なる点に注目が集まっていたようでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む