ニュース
» 2019年09月01日 21時00分 公開

朝起きたことに「えらい!」「すごい!神!」 自分の一つ一つの行動を褒めてくれるアプリ案に「欲しい」の声集まる

猫ちゃんが日常のがんばりを褒めてくれます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日常の「朝起きた」から「出社してPCつけた」まで、自分の一つ一つの行動を毎日「えらい!」と褒めてくれるアプリのプロトタイプが、Twitterで「めっちゃ欲しい」「褒めてもらいたい」と話題になっています


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ えらい!

 どんな些細ながんばりや、他の人に当たり前と思われそうなことでも、時系列で書きだしてタスクとして視覚化。そして完了したらチェック(タップ)することで、かわいい猫ちゃんに大きなリアクションで「えらい!」「すごい!神!」と褒めてもらえます。朝起きてえらい!


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ なにこれ嬉しい!

 さらにカレンダーで、月にどれくらいがんばったかが「今月2000回えらかった!」のように表示されるので、あとで振り返ったときにもその“がんばり”が実感できます。


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ 私めっちゃえらい!

 他にも、時間は決まっていないタスクや無理なく進めたい「10分運動した」や「忘れ物がなかった」といったサブタスクが設定できたり、猫ちゃん以外のいろんなキャラや、「え、そんな頑張って大丈夫?」など言ってくれるようになる語彙力を、集めた“えらいポイント”で交換したりする楽しみ方も。どのキャラクターもかわいくて癒されそう……。


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ サブタスク画面(左)/「Eポイント(えらいポイント)」でキャラや語彙力と交換(右)

 投稿したのは、漫画家の清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん。清水さん自身が褒めてくれるアプリが欲しいと作ったもので、日常タスク管理の目的だけでなく、「自分が毎日どれだけ頑張ってるか視覚化して自己肯定力を身につける…そんなアプリです」と紹介しています。ちなみに今回公開されたプロトタイプのデザインは1日のうちに作ったものとのこと。


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ アプリの図解も公開しています(※上記で説明した内容の図説)

 同アプリはデザインのみで今のところリリース予定はないものの、Twitterでは「だれか作ってください!」「いろんなひとの役に立つと思う」とアイデアを称賛する声が寄せられ、「欲しい」の声が多くがっています。


自分を褒める アプリ 朝起きた 電車乗った えらい モフ田 清水めりぃ タスク プロトタイプ 自己肯定感を高めてくれるのは有り難い

 清水さんは漫画『ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話』(関連記事)をTwitterで連載中。内容はタイトル通り、働き詰めの毎日を送っていた会社員が、起きたら大きい猫になっていたお話。今回のアプリ画面にも猫ちゃんが登場していましたが、猫好きにはたまらないかわいさと、猫になっても通勤するギャップや幸せなストーリーで人気を集めています。10月4日にはコミックス第2巻が発売予定です。


画像提供:清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ