ニュース
» 2019年09月03日 08時30分 公開

静岡のローカルお菓子「チーズあられ」が奇跡の復活! 製造元からレシピ受け継ぎ味を再現

惜しまれつつも、2019年5月に一度製造を終了していました。

[ねとらぼ]

 静岡県のローカルお菓子として長年愛されていた「チーズあられ」が“奇跡の復活”を遂げていたことが分かりました。製造業者の廃業に伴い、今年(2019年)の5月で販売を終了していましたが(関連記事)、8月上旬から再び出荷が始まり、店頭に並ぶようになっています。


チーズあられ 復活した「チーズあられ」

 新たに製造・販売を担当しているのは、岐阜県の菓子メーカー「ハル屋」。これまで製造していた「エルミオーレ製菓」からレシピを引き継ぎ、試作を繰り返してオリジナルの味を再現したといいます。

「原料メーカーを通じて打診いただいたのが最初で、その後、エルミオーレ製菓の人とお会いし、やらせていただくことになりました。機械などの環境が違うので同じレシピでもまったく同じ味を再現するには苦労しましたが、『違う』といわれるのは覚悟のうえで、がんばりました」(ハル屋 担当者)

 サクサクふわふわの食感とやさしいチーズ味が特徴で、特に静岡県では定番のスナック菓子として長らく親しまれていました。5月に販売終了が報じられた際には「そんな……」「ショック!」といった声に混ざって、「ローカルお菓子だと初めて知った」と驚く声もみられ、県民にとってはそれだけ「当たり前」の存在だったことがうかがえます。今回の復活を受けて「これ美味しいもんな〜」「よくやった!」など、Twitterでは喜びの声も多くみられました。


チーズあられチーズあられ 味については「がんばって再現した」とハル屋の担当者

チーズあられチーズあられ ネットでも話題になった、販売終了時の画像(画像提供:Jamさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙