ニュース
» 2019年09月05日 06時00分 公開

待ってたぁぁ! ジェームス・ガン製作、新作ホラー「ブライトバーン/恐怖の拡散者」が11月15日公開

スーパーパワーを持った子どもがヴィランになるストーリー展開が話題に。

[のとほのか,ねとらぼ]

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの監督を務めたジェームス・ガンがプロデュースした映画「Brightburn」(原題)が、「ブライトバーン/恐怖の拡散者」として11月15日に公開されることが決定。併せて日本版予告動画が公開されています。


 5月に米国で公開された同作は、カンザス州ブライトバーンに住むブレイヤー夫妻の下にやってきた子どもが“スーパーパワー”で周囲を恐怖に陥れるというもの。過去の不適切なツイートを巡る騒動が波紋を呼んでいたガンの復帰作ということで注目を集めた他、スーパーマンが闇落ちしてしまったような新ジャンルのストーリーが話題となっていました。

ジェームス・ガン ブライトバーン ヒーロー ホラー 映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (C) The H Collective

 また、5月に米国で映画の製作/配給を手掛ける「The H Collective, Inc.」と合弁し、映画製作会社「Rakuten Distribution 株式会社」を設立した楽天による配給作品第1弾となります。

 なお、主題歌は全米シングル・チャートで1位を獲得したビリー・アイリッシュの「bad guy」に決定。ミステリアスな歌声が作品の余韻をあおる仕上がりとなりそうです。

ジェームス・ガン ブライトバーン ヒーロー ホラー 映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー スーパーパワーを手に入れた子どもがヒーローになる展開かと思いきや(画像はYouTubeから)

ジェームス・ガン ブライトバーン ヒーロー ホラー 映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー まさかのホラー展開(画像はYouTubeから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.