ニュース
» 2019年09月07日 10時45分 公開

音楽朗読劇「Reading High」の新作公演が決定 大塚明夫、諏訪部順一ら出演に「本命しかいない」の声

今からチケット倍率の恐怖に怯えている..........。

[たぴ岡,ねとらぼ]

 劇作家の藤沢文翁さんがソニー・ミュージックエンタテインメントと立ち上げた音楽朗読劇プロジェクト「Reading High」の新作公演「El Galleon〜エルガレオン〜」が2020年2月7日、8日に東京国際フォーラムで上演決定。今回も大塚明夫さんや中村悠一さん、諏訪部順一さんら人気声優が出演しており、チケットが当選するか気をもむ声がネットにあふれています。

Reading High 藤沢文翁 リーディングハイ 朗読劇 El Galleon エルガレオン 大塚明夫 中村悠一 梅原裕一郎 鳥海浩輔 蒼井翔太 高垣彩陽 諏訪部順一 ロゴかっこいい……! (画像はエルガレオン公式YouTubeから)

Reading High 藤沢文翁 リーディングハイ 朗読劇 El Galleon エルガレオン 大塚明夫 中村悠一 梅原裕一郎 鳥海浩輔 蒼井翔太 高垣彩陽 諏訪部順一 大塚さんや中村さんら人気声優が出演(画像はエルガレオン公式YouTubeから)

 「READING HIGH」は、“藤沢朗読劇”でも知られる藤沢さんがソニー・ミュージックエンタテインメントと2017年に立ち上げた音楽朗読劇プロジェクト。人気声優陣が出演し、ダイナミックな演出や生演奏で魅せる“3.5次元”エンターテインメントとして注目を集めており、2019年1月に上演された第3弾公演は2日間で1万4000人以上を集めるなど盛況です。

 過去の公演では、梶裕貴さんをはじめ、豊永利行さん、甲斐田ゆきさん、関智一さん、山寺宏一さん、林原めぐみさん、沢城みゆきさん、津田健次郎さんなどが出演したこともあり、新作のキャストにも注目が集まっていましたが、「El Galleon〜エルガレオン〜」には、大塚明夫さん、中村悠一さん、梅原裕一郎さん、鳥海浩輔さん、蒼井翔太さん、高垣彩陽さん、諏訪部順一さんの出演が決定。藤沢さんが原作/脚本/演出を手掛け、古くから船乗り達の間で語り継がれる「呪われた幽霊船」の物語となることが明かされています。


 藤沢さんは「オリジナル原作の音楽朗読劇で5000席の国際フォーラムAは前例がないはず! 巨大な劇場だからこそのド迫力演出をお楽しみください!」と未曽有の朗読劇への手応えを自信たっぷりにコメント。また、ジョージ王太子役の蒼井さんも「文翁さんを初め、素敵なキャストの皆様とご一緒出来ること、とても幸せに思います!」と喜びを語っています。



 人気の音楽朗読劇の新作公演にファンからは「やばい! 本命しかいない!」「豪華すぎやん」「チケット争奪戦だね」など、豪華キャストを喜ぶ反面、チケットが無事当選するのか心配する声が多数見られます。なお、チケットのオフィシャル先行は9月7日正午から9月16日23時59分までイープラスで受付しており、価格はプレミアムシート1万8,500円(前方席・プレゼント付)、SS席1万2,500円、S席1万円、A席8,500円です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.