ニュース
» 2019年09月07日 14時53分 公開

「仮面ライダーW」から10年か! 菅田将暉、山崎賢人と熱唱したライブ終え「人生何があるかわからないものですね」

感慨深い。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 俳優で歌手の菅田将暉さんが9月6日、俳優デビュー10周年を迎えたことをTwitterで報告。同日は、全4カ所5公演を巡る自身最大規模のZeppツアー「菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”」のファイナル公演が東京のZepp DiverCityで行われており、観客からは祝福の声が飛び交いました。


 2009年9月6日からスタートした「仮面ライダーW」(テレビ朝日系)のフィリップ役として俳優デビューした菅田さん。最近では歌手活動も注目を集め、様々なアーティストともコラボをするなど活躍の場を広げていますが、「そんな日にまさかLIVEをしています。人生何があるかわからないものですね」と感慨深そうにコメントし、「皆様のおかげで楽しい日々になっているなと実感しています」と感謝の言葉を述べています。

菅田将暉 ライブ

 ライブでも、「16歳の時に初めて菅田将暉として表に出た日なので、感慨深いものがあります」としみじみ。シンガーソングライターの米津玄師さんが作詞作曲した「まちがいさがし」やシンガーソングライターのあいみょんさんとコラボした「キスだけで feat. あいみょん」などを熱唱しました。

菅田将暉 ライブ
菅田将暉 ライブ

 ラストでは、サプライズゲストの山崎賢人さん(崎はたつさき)をステージに招き入れて一緒に「さよならエレジー」を熱唱。この曲は山崎さんが主演を務めた2018年放送のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ)の主題歌で、ステージに立った山崎さんは「見たこともない景色、見させてくれてありがとうございます」と菅田さんと観客に感謝を述べていました。

 本編終了後は、1人でステージに登場した菅田さんが「ベイビィ」を弾き語り。その後、ツアーTシャツ姿のバンドメンバーが登場し「ゆらゆら」「ピンクのアフロにカザールを」を歌って幕を閉じました。

菅田将暉 山崎賢人 ライブ 共演

菅田将暉 LOVE CD 菅田将暉CD「LOVE」(通常版)

ライブ撮影:上飯坂一

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.