ニュース
» 2019年09月10日 17時15分 公開

4基のモーターで2000馬力!? ロータス初の電動ハイパーカー「エヴァイヤ」日本初公開、価格は2億超え (1/2)

お値段は2億3000万円から。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 英国の自動車メーカー、ロータスカーズ(以下、ロータス)は9月8日、同社初のEV「エヴァイヤ」を日本で初公開しました。

ロータス エヴァイヤ ロータス初のEV「エヴァイヤ」(写真:ロータスカーズ、以下同)

 ロータスは1950年代に英国で創業した自動車メーカー。現在は中国の大手自動車メーカー、吉利汽車の傘下にあります。

 今回発表されたエヴァイヤは、ロータス初のEV(電気自動車)となり、パワートレインには4基の高出力モーターを搭載。最高出力は2000馬力ほどを目標に設定しており、最大トルク173.3kgf-m(1700Nm)を発揮します。

 静止状態から時速100キロまで3秒以内に、時速300キロまで9秒以内で到達するという驚異的な加速力を有するとしています。

ロータス エヴァイヤ 「エヴァイヤ」のフロントビュー

 そんなパワフルなエヴァイヤには、5つの走行モードが用意され、ドライバーの運転をサポートします。場所に応じて「レンジ」「シティ」「ツアー」「スポーツ」「トラック」に切り替えができ、トラックモードを選択した場合は可動型のエアロパーツを電子制御するドラッグリダクションシステムが作動して、F1マシンと同様に空気抵抗を自動的に低減します。

 ほかにも従来型のドアミラーではなく、電動式のカメラを採用するなど、わずかな空気抵抗すら軽減するデザインが特徴となっています。

ロータス エヴァイヤ 車体に搭載している電動式のカメラ

 ボディーサイズは4459(全長)×2000(全幅)×1122(全高)ミリ。4つの電動モーターを搭載しつつも、目標重量を1680キロとしています。

 エヴァイヤは130台限定で、2020年の間に生産を開始します。輸送費などを抜いて、販売価格は180万ポンド(約2億3000万円)からとなります。

ロータス エヴァイヤ エヴァイヤの内装
ロータス エヴァイヤ エヴァイヤの主要諸元
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐