ニュース
» 2019年09月10日 17時15分 公開

4基のモーターで2000馬力!? ロータス初の電動ハイパーカー「エヴァイヤ」日本初公開、価格は2億超え(1/2 ページ)

お値段は2億3000万円から。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 英国の自動車メーカー、ロータスカーズ(以下、ロータス)は9月8日、同社初のEV「エヴァイヤ」を日本で初公開しました。

ロータス エヴァイヤ ロータス初のEV「エヴァイヤ」(写真:ロータスカーズ、以下同)

 ロータスは1950年代に英国で創業した自動車メーカー。現在は中国の大手自動車メーカー、吉利汽車の傘下にあります。

 今回発表されたエヴァイヤは、ロータス初のEV(電気自動車)となり、パワートレインには4基の高出力モーターを搭載。最高出力は2000馬力ほどを目標に設定しており、最大トルク173.3kgf-m(1700Nm)を発揮します。

 静止状態から時速100キロまで3秒以内に、時速300キロまで9秒以内で到達するという驚異的な加速力を有するとしています。

ロータス エヴァイヤ 「エヴァイヤ」のフロントビュー

 そんなパワフルなエヴァイヤには、5つの走行モードが用意され、ドライバーの運転をサポートします。場所に応じて「レンジ」「シティ」「ツアー」「スポーツ」「トラック」に切り替えができ、トラックモードを選択した場合は可動型のエアロパーツを電子制御するドラッグリダクションシステムが作動して、F1マシンと同様に空気抵抗を自動的に低減します。

 ほかにも従来型のドアミラーではなく、電動式のカメラを採用するなど、わずかな空気抵抗すら軽減するデザインが特徴となっています。

ロータス エヴァイヤ 車体に搭載している電動式のカメラ

 ボディーサイズは4459(全長)×2000(全幅)×1122(全高)ミリ。4つの電動モーターを搭載しつつも、目標重量を1680キロとしています。

 エヴァイヤは130台限定で、2020年の間に生産を開始します。輸送費などを抜いて、販売価格は180万ポンド(約2億3000万円)からとなります。

ロータス エヴァイヤ エヴァイヤの内装
ロータス エヴァイヤ エヴァイヤの主要諸元
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声