ニュース
» 2019年09月11日 09時00分 公開

「ディアブロのヘッドライトは、Z32と共通」……は? ウソだろ〜!? 意外で驚きな共通点があるクルマ6選 (1/2)

2000GTのあのテールランプは「バス流用」、ロータス・エスプリには「ハチロクのアレが流用……!」なのだそうですよ。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 完成したクルマを見る分にはなかなか気付きませんが、実は他のクルマの部品を流用して使っていた! というクルマが古今東西にあります。

部品 流用 クルマ 日本の名車オブ名車「2000GT」にはバスのパーツが流用されていた……?

 その理由はコストカットや効率化、法規制への対応などさまざまですが、デザインの妙で最初からそのクルマのための部品だったかのように溶け込んでいるので面白いものです。今回は、憧れのスーパーカーから街で見かけるバスまで、意外な共通点を持っている6組のクルマたちを紹介します。

【1】「ランボルギーニ・ディアブロ」に、フェアレディZ(Z32)の部品が使われていた!?

部品 流用 クルマ ディアブロ・ロードスター(写真:ランボルギーニ)

 ランボルギーニが1990年から2001年まで販売していたV12エンジン搭載フラグシップモデル「ディアブロ」。スーパーカー好き世代には言わずと知れた名車「カウンタック」の後継モデルです。

 このディアブロ、初期モデルはカウンタックと同様にリトラクタブルヘッドライト(格納式前照灯)を採用していました。

 リトラクタブルヘッドライトは1970年代後半〜90年代の国内スポーティーカーでも広く流行した装備で、スポーティーカー然とする代名詞的装備でもありました。しかしこの頃(北米でライト最低地上高規制が緩和されてあまり意味がなくなったり、)ヘッドライトの昼間点灯を義務付ける国が出てきて、リトラクタブルヘッドライトを取り巻く環境が変わり始めます。ランボルギーニといえどそれは同様で、ライト仕様を変更しなければいろいろと都合が悪くなります。

 そこで同社が目を付けたのが「日産・フェアレディZ(Z32型)」のヘッドライトでした。ディアブロの低く鋭いフォルムのノーズに組み込んでもしっかりと前を照らせるライトユニットは限られたそうです。そこで、同世代のスポーツカーであるZ32型フェアレディZのパーツに白羽の矢が立てられたのでした。

部品 流用 クルマ フェアレディZ(Z32型)(写真:日産自動車)
部品 流用 クルマ ディアブロ・ロードスター(写真:ランボルギーニ、以下同)
部品 流用 クルマ
部品 流用 クルマ リトラクタブルヘッドライト時代の初期のディアブロ
部品 流用 クルマ
部品 流用 クルマ
部品 流用 クルマ リトラクタブルライトは1990年代の国産スポーツカーでも流行しました

» 目次に戻る

【2】「ロータス・エスプリ」には、まさかの「ハチロクのアレ」が……!?

 「ロータス・エスプリ」も、1970年代のスーパーカーブームで少年たちの心をわしづかみにした名車の1つです。

部品 流用 クルマ ロータス・エスプリ

 エスプリは何度かのモデルチェンジを経て2004年まで生産されていました。実は、1987年の「エスプリHC」以降には、多くのクルマ好きが知るあのクルマのテールランプが流用されていたそうです。

 そのクルマとは「AE86型カローラレビン」。何と、あのハチロクのパーツが使われていたとは。このパーツはエスプリのモデル末期まで使われ続けました。

部品 流用 クルマ AE86型カローラ・レビン

 ちなみに、エスプリ最終型の「V8アニバーサリー」では丸目4灯のテールランプに変わっています。こちらは同じロータスのライトウェイトスポーツカー「エリーゼ」のパーツを使っていました。

部品 流用 クルマ まさかエスプリにハチロクのパーツが使われていたとは

» 目次に戻る

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.