ニュース
» 2019年09月12日 20時00分 公開

眠れない高校生2人の“夜のおたのしみ会” 退屈な夜を乗り切る少年少女を描いた漫画に猫と青春が詰まってる (1/2)

石川県・能登で暮らす高校生が主人公です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 不眠症に悩む高校生を描いたオジロマコトさんのコミックス『君は放課後インソムニア』1巻が、9月12日に小学館から発売されます。価格は591円(税別)。

君は放課後インソムニア 『君は放課後インソムニア』1巻

 石川県・能登で暮らすガンタは不眠症(インソムニア)で悩む男子高校生。怪談話がウワサされる学校の天文台で、同級生のイサキと出会います。

 イサキはガンタと同じ悩みを抱える女子高校生。校内で眠くなった時、ここで休んでいたのです。例のウワサ話は彼女が流したもの。そんな話をしながら2人は肩を寄せて眠ります。

君は放課後インソムニア 天文台があるのに天文部がない高校
君は放課後インソムニア 物置になっている部室に入ったガンタは
君は放課後インソムニア 眠っているイサキを見つけました

君は放課後インソムニア 肩を寄せて眠る2人

 秘密を共有することになった2人は退屈な夜を乗り切るために「夜のおたのしみ会」を発足。家を抜け出して夜の街をさまよいます。

君は放課後インソムニア 夜の街を歩く2人

 少しずつ距離が縮まってきたものの、教室では会話をしない2人。環境を整えるために天文台のリフォームを始めます。廃棄されていたソファを運び込んだり、心地よい眠りのためには努力を惜しみません。

 ところが、そんな天文台の秘密を保健室の先生に見つかってしまいました。「見逃すわけにはいかない」という先生にガンタはある提案をし、物語は次のステップへ進みます。

君は放課後インソムニア 大きなソファを天文台に運び込む2人

君は放課後インソムニア君は放課後インソムニア 保健室の先生に見つかってしまいました

 著者のオジロマコトさんは『猫のお寺の知恩さん』などと手掛けた漫画家さん。知恩さんにはたくさんの猫ちゃんが登場しましたが、『君は放課後インソムニア』にも猫ちゃんが登場します。


君は放課後インソムニア これからの展開が楽しみです
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.