ニュース
» 2019年09月17日 12時00分 公開

つけいるスキがない ドローン爆撃にも対策した最強の防弾仕様車「BMW X5 Protection VR6」爆誕 (1/2)

あらゆる攻撃を想定した要人防護用の最強仕様。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 BMWは、SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型「X5」をベースにしたセキュリティビークル「BMW X5 Protection VR6」を海外で発表しました。

BMW X5 防弾 BMW X5 Protection VR6(写真:BMW、以下同)

 セキュリティビークルとは何かというと、要人輸送などに使われる防弾仕様車です。

 通常、このようなクルマは普通のクルマから改造して作られることが多いのですが、BMWは“公式”防弾仕様車を数十年に渡って販売しています。

 見た目はノーマルのX5とほとんど変わりませんが、これは防弾仕様車を必要とするようなシーンでは「目立ってはいけない」ということからあえて意図された仕様。ドアを開けると隠された装甲の厚さが分かります。

BMW X5 防弾 ドアを開けるとただ者ではないゴツさ

 ボディやガラスを強化するだけではなく、ドアの開閉部やボディパネルの隙間などの弱点も徹底的にカバー。拳銃やライフルによる銃撃に耐えるのはもちろん、4mの距離で15kgのTNTが爆発しても車室部分は無事というほどの堅牢性を誇ります。

 アンダーパネルやルーフも強化できるオプションがあり、「ドローンで強力なC4爆弾を落とす」といった攻撃まで想定されているのは最新のセキュリティビークルらしいですね。

BMW X5 防弾 外見上の数少ないノーマルとの違いは、“旗を立てる棒”がフェンダー部分に格納されていること。どういう人が乗るのか想像できますね

 ただ頑丈なだけではなく、非常時の遮断機能を備えた燃料タンクや「空気圧が完全に失われても走れる」という強化サイドウォールを採用したランフラットタイヤなど、攻撃を受けた後も確実に目的地へ送り届けるための技術が各部に盛り込まれています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.