ニュース
» 2019年09月19日 23時00分 公開

「そんだけ?」 “バキ化”したIKKOのイラストが完全に2桁は人を切り捨てている人間のそれ

守備力高そう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 日本テレビ系「ダウンタウンDX」と板垣恵介さんの人気漫画『グラップラー刃牙』シリーズのコラボ企画「芸能人バキ化プロジェクト」で、第6弾イラストが公開されました。今回“バキ化”したのは、IKKOさん。決めぜりふは、「そんだけ?」これは強い。


ダウンタウンDX 芸能人バキ化計画 IKKO バキと化したIKKOさん

ダウンタウンDX 芸能人バキ化計画 IKKO 強い

 「芸能人バキ化プロジェクト」は、番組を地下闘技場ならぬ“話術闘技場”(=トークバトルコロッセオ)と見立て、番組に出演する芸能人たちをバキの世界観で描いていくというもの。第1回は出川哲朗さんから始まり、丸山桂里奈さん、ガンバレルーヤ、小峠英二さん、須田亜香里さんが「バキ化」してきました。


ダウンタウンDX 芸能人バキ化計画 IKKO バキ化したダウンタウン

ダウンタウンDX 芸能人バキ化計画 IKKO バキ化した出川哲朗さん

 今回公開されたIKKOさんは、和服を着て刀2本を帯刀したスタイルに。「まぼろし〜の剣豪」で、「究極の美を追い求める美容界最強の剣豪。刀に頼らず、背負い投げを用いることも。『(あなたの求める幸せは)そんだけ?』の一言に、自分自身の生き方を見つめ直す対戦相手も多い」という設定が付加されています。美容界って剣豪だらけのやべえ世界だったのでしょうか。

 なお、この「バキ化」企画は、次回の7組目でいったんの区切りとなるとのこと。最後の「バキ化」は、9月26日に発表されます。

(C)板垣恵介(秋田書店)1992『バキ道』 週刊少年チャンピオン連載



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.