レビュー
» 2019年09月20日 18時05分 公開

「凪のお暇」今夜最終回 本質は「慎二かゴンか」の三角関係決着じゃない 単純な恋愛ドラマで終わらないのがこのドラマの魅力だ (1/2)

慎二(高橋一生)とは似た者同士だと気付いた凪(黒木華)、ゴン(中村倫也)が回収した合鍵のキーホルダーが全部同じだった理由は?

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 9月14日に「凪のお暇」(TBS系)の第9話が放送された。大島凪(黒木華)と我聞慎二(高橋一生)は共通項が多過ぎる。徹底的に見ていく。


凪のお暇 異常な母親に支配されてきた凪 イラスト/まつもとりえこ

親から罪悪感を与えられる凪と慎二

 凪と慎二は似た者同士。今回のテーマは「毒親」である。

 凪の結婚相手(と偽った)慎二と初対面したときの夕(片平なぎさ)の圧は異常だった。笑うだけであんなに圧を出せるとは……。

 「まあ! 慎二さんのお父様、霞が関でご立派なお仕事してらっしゃるのねえ」

 慎二の父が官僚だと知り、大喜びする夕。その喜びは「娘がいい人とお付き合いしている」ではなく、明らかに「私はやっと地獄から抜け出すことができる」というワクワク感からくるものだ。

 この様子を横目で見る隣人たちは、凪を心配している。一番の年長者、吉永緑(三田佳子)はしみじみつぶやいた。

 「家族って厄介ねえ」

 三田佳子にこのセリフを言わせるなんて、余計にハートに響いてくる。

 慎二の祖母の米寿祝いのパーティに凪と夕は招待された。慎二の母・加奈子(西田尚美)は興信所で凪の家族について調べていた。凪の父が借金で蒸発していたこと、凪がすでに会社を退社していることを知った加奈子は、慎二との結婚を認めなかった。

 加奈子「もし、こんなことが皆様にバレたら、お母さん恥ずかしくて死ぬしかないわ

 加奈子は事あるごとに「死ぬしかない」と言う。慎二は幼い頃からこの言葉を聞かされていたはず。夕とタイプは違うが、彼女も罪悪感を与える形で子を脅迫する母親である。

 ここからパーティ会場は修羅場と化す。突如、慎二の兄・慎一(長谷川忍)が乱入し、我聞家の仮面を剥ぎ取りにいったのだ。よそに愛人と子どもを作っている父。整形依存症の母。自分はアメリカの大企業務めなどではなく日本でYouTuberをしている。右往左往して泣き顔になる慎二を見た夕は、あざ笑いながら凪に吐き捨てた。

 「昔からそうだもんね。あなた、何やらせてあげたって何一つ身にならないで、お母さんの期待に応えたこともない、一度だって。そのあげくのこれね」

 月に3万仕送りをし、車検代、リフォーム料金を立て替えても、この言い草か。人間は自分の幸せが一番大事であるべき。他者の期待に過度に応えることで歪みが生じることもある。空気は読むものではなく、吸って吐くものだ


凪のお暇 地獄の米寿祝いパーティ イラスト/まつもとりえこ

ゴンの言葉に背を押され、初めて「嫌い」と言えた凪

 パーティに出席する前、凪は安良城ゴン(中村倫也)から言われていた。

 「人って変われると思うよ、本当に変わりたいって思ったら」

 以前、苦手なとうもろこしを前にした凪にゴンは言っていた。

 「嫌いなことを口に出して自覚するとちょっと楽になるっての、あると思うよ」

 家族に振り回されても奮闘し続ける慎二。彼は家族の影響下にいる。

 「おんなじ。この人、私だ」

 凪は初めて素の慎二を見た。

 「ハッハッハッハッハ。さすがあなたが選んだ人ね、凪。みっともないご家族」

 凪も、凪が愛する(という設定)の人をも全否定する最低のセリフだと思う。

 「嫌い……。お母さんがずっと。罪悪感あおって言うこと聞かせようとするところとか、外ではいい人ぶるところとか、自分もできないようなこと私に期待するところとか、嫌い」

 やっと、言えた凪。慎二を口撃する母を見て、ようやく言うことができた

 「行こう、慎二」

 今度は凪が救った。慎二を連れ出す凪。似た者同士の2人の、毒親からの卒業である。

 近くの公園で2人は号泣していた。

 「お母さんにひどいこと言った(泣)」

 慎二「ばあちゃんに、おめでとうって言うの忘れた(泣)」

 言ってスッキリじゃないのだ。親の支配から簡単には抜け切れない。頑張って反抗したのに、自分で傷付いている2人は似た者同士である。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.