ニュース
» 2019年09月26日 14時00分 公開

スバル、名エンジン「EJ20」30年の歴史に幕 555台限定「ファイナルエディション」が出るよぉぉ【画像40枚】 (1/5)

これはいいおじさんほいほい。抽選販売10月23日から、東京モーターショーでも実車披露。

[ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は9月25日、東京モーターショー2019の出展概要を発表。併せて、水平対向4気筒の名スポーツエンジン「EJ20」の生産、およびEJ20を搭載する現行「WRX STI」(関連記事)の受注を2019年12月で終了するとともに、その集大成となる最後の特別仕様車「WRX STI EJ20 Final Edition」を限定販売すると告知しました。

WRX STI EJ20 Final Edition SUBARU 555台限定で販売するラストモデル「WRX STI EJ20 Final Edition」(写真:SUBARU)

 WRX STI EJ20 Final Editionは、2019年10月23日11時から555台限定で抽選販売。抽選方法や販売方法は同日に特設サイト(https://www.subaru.jp/wrx/sti_ej20finaledition/)で公開します。

 EJ20は、スバルを代表する2リッター水平対向4気筒の名作スポーツエンジン。1988年の初代レガシィを皮切りに約30年スバル車に搭載され続けた歴史を持ちます。ターボ搭載型は登場当初からクラス最強などと名高く、WRC(世界ラリー選手権)やニュルブルクリンク24時間レースなどの世界的レースシーンでも活躍しました。

 特に2000年代初頭にWRCで活躍した「WRブルー」、たばこブランド(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の黄色いスポンサーロゴ「555」、ゴールドのホイールを組み合わせたインプレッサWRCマシンは、速さと実力を兼ねたカッコよさから多くのクルマ好きを魅了し、大量のスバリストを生みました。WRX STI EJ20 Final Editionの限定台数555台はここに通じています。

WRX STI EJ20 Final Edition SUBARU (参考)水平対向4気筒のEJ20エンジン
WRX STI EJ20 Final Edition SUBARU WRCに参戦したインプレッサWRカー
WRX STI EJ20 Final Edition SUBARU インプレッサWRカー(GC8)
WRX STI EJ20 Final Edition SUBARU WRX STI EJ20 Final Editionは、インプWRカーの思い出を呼び覚ますような仕様に

 WRX STI EJ20 Final Editionは、WRブルー、EJ20バランスドエンジン、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイール(!)、専用レカロシートなどの特別装備を備えた「集大成仕様」に仕立てられます。その他詳細仕様は後日特別サイトで公開予定。実車(プロトタイプ)は東京モーターショー2019年で展示します。



       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.