ニュース
» 2019年09月28日 15時40分 公開

トム・ホランド主演のスパイダーマン、やっぱりMCUにリターン ソニーピクチャーズとディズニーが合意

ソニーピクチャーズとディズニーによるマーベル離脱が報じられていました。

[MARCUS GILMER,Mashable]
Mashable
マーベル スパイダーマン サンディエゴのComic-Conでのオランド。「スパイダーマン:ホームカミング」第1弾に先立ち Image: alberto e. rodriguez/Getty Images for Disney

 スパイダーマンが公式に、マーベル・シネマテック・ユニバース(MCU)に戻ってきました。

 8月末、ディズニーとソニー・ピクチャーズの対立によって、トム・ホランドのスパイダーマンがMCUを離脱するかもしれないというニュースに多くの人やインタビューで聞かれるまでそのニュースを知らずショックを受けていた俳優のジェフ・ゴールドウィンがパニックになりました。ディズニーが主催するファンコミュニティーのイベント「D23 Expo 2019」ではこの話題であふれ、トム・ホランドの楽観的な様子も報道されました。

 「僕がスパイダーマンを演じ続けるってことは分かっています……スパイダーマンの未来についてはさまざまだろうけど、驚くような、すてきなものに違いないし、僕たちはもっとかっこいいものにする方法だって見つけるはず」とそのときホランドはコメントしています

 結局のところ、スーパーヒーローの未来はそれほど変わらないことが分かりました。Variety誌によると、ソニーとマーベルは、「スパイダーマン:ホームカミング」シリーズ待望の第3作目をマーベル提供でケヴィン・ファイギ製作のうえ共同配信することに同意しました。

 さらに「スパイダーマン:ホームカミング」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」と同様に、ホランドがスパイダーマン役であること、パスカル・ピクチャーズも製作に加わることが発表されています。ホランドによるスパイダーマンことウォールクルーラーは、契約条件が明らかになったのち、この先のマーベルの映画にも登場しますが、どの作品であるかはまだわかっていません。

 ファイギとパスカル・ピクチャーズ代表取締役のエイミー・パスカルはそれぞれの声明で、「スパイダーマン:ホームカミング」シリーズ続投への興奮を伝えています。ファイギはまた、最新発表に加え、MCUでのスーパーヒーローの未来をからかってもいます。

 「MCUでスパイダーマンの旅が続くことにわくわくしています。それに僕とマーベルスタジオのみんながこの映画を作り続けられることになってうれしいんです」とファイギは声明で述べました。「スパイダーマンは強力なアイコンであり、そのストーリーはあらゆる年齢、世界中の観客のまわりを行き来しているのです。彼はまた偶然にもスーパーパワーを持ち映画界を行き来するただ1人のヒーローでもありますからね。ソニーは独自のスパイダー・ヴァースを発展させていることですし、未知の驚きが待っているかもしれません」

 パスカル側の声明は将来に対し慎重なものでしたが、代わりにこの瞬間の興奮に焦点を当てていました。「すごいですよ。スパイダーマンであるピーター・パーカーのストーリーは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で劇的に変わりました。そして彼の旅がどこへ向かうのか分かるにつれ、私たちは一緒に仕事できることをこの上ない幸せと感じられることでしょう」。

 「スパイダーマン:ホームカミング」のシリーズ第3弾は2021年7月16日劇場公開予定です。

(C) Mashable, Inc. Published under license from Ziff Davis International.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた