ニュース
» 2019年09月30日 12時37分 公開

ズドォォンと迫りくる存在感 ベントレー初の高級PHV「ベンテイガ ハイブリッド」欧州で発売 気になるお値段は?(1/2 ページ)

らぐじゅありーです。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ベントレー モーターズ(以下、ベントレー)は9月26日(現地時間)、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ(Bentayga)」のプラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」を欧州で発売したと発表しました。

Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド(写真:ベントレー、以下同)

 ベンテイガ ハイブリッドは、6リッターW12エンジン搭載の超高級SUV・ベンテイガの持つラグジュアリーな風格や走行性能をそのままに、電動システムの搭載によって同社史上最高とする高効率性能を実現するベントレーの戦略的電動化モデルです。

 パワートレインは、新設計の3リッターV6ターボエンジンとジェネレーター(発電機)も兼ねる最大94kW(約127馬力)+瞬時に最大トルク400Nmを発生する高出力高効率の電動システム「Eモーター」の組み合わせ。「静寂のまま」しなやかにフル加速できるとします。最高速度は時速254キロ、静止から時速100キロ加速は5.5秒です。

 併せてベンテイガ ハイブリッド限定で「インテリジェント・サテライト・ナビゲーション」と呼ぶ進化型ナビゲーションシステムも備えます。目的地を指定したルートをもとにモーター駆動とエンジン駆動の適切な組み合わせを自動算出して走行できます。なお、電動モーターだけで走る「EVモード」で最大39キロ(WLTPモード)走行可能。ガソリンエンジン込みの航続距離は747キロです。

Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド専用装備「インテリジェント・サテライト・ナビゲーション」
Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド/ラグジュアリーな内装

 ベントレーは全車種の電動化(ハイブリッド含む)を2023年までに実現する目標を公示。ベンテイガ ハイブリッドをその計画の第1弾に据え、以降電動モデルを拡充していく計画です。

 価格は14万1100ユーロ(約1660万円)/16万ドルから。欧州で2019年第4四半期、米国で2020年第1四半期にデリバリー開始予定。日本市場への導入は2019年9月現在、未定です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響