ニュース
» 2019年09月30日 12時37分 公開

ズドォォンと迫りくる存在感 ベントレー初の高級PHV「ベンテイガ ハイブリッド」欧州で発売 気になるお値段は? (1/2)

らぐじゅありーです。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ベントレー モーターズ(以下、ベントレー)は9月26日(現地時間)、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ(Bentayga)」のプラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」を欧州で発売したと発表しました。

Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド(写真:ベントレー、以下同)

 ベンテイガ ハイブリッドは、6リッターW12エンジン搭載の超高級SUV・ベンテイガの持つラグジュアリーな風格や走行性能をそのままに、電動システムの搭載によって同社史上最高とする高効率性能を実現するベントレーの戦略的電動化モデルです。

 パワートレインは、新設計の3リッターV6ターボエンジンとジェネレーター(発電機)も兼ねる最大94kW(約127馬力)+瞬時に最大トルク400Nmを発生する高出力高効率の電動システム「Eモーター」の組み合わせ。「静寂のまま」しなやかにフル加速できるとします。最高速度は時速254キロ、静止から時速100キロ加速は5.5秒です。

 併せてベンテイガ ハイブリッド限定で「インテリジェント・サテライト・ナビゲーション」と呼ぶ進化型ナビゲーションシステムも備えます。目的地を指定したルートをもとにモーター駆動とエンジン駆動の適切な組み合わせを自動算出して走行できます。なお、電動モーターだけで走る「EVモード」で最大39キロ(WLTPモード)走行可能。ガソリンエンジン込みの航続距離は747キロです。

Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド専用装備「インテリジェント・サテライト・ナビゲーション」
Bentayga Hybrid ベンテイガ ハイブリッド/ラグジュアリーな内装

 ベントレーは全車種の電動化(ハイブリッド含む)を2023年までに実現する目標を公示。ベンテイガ ハイブリッドをその計画の第1弾に据え、以降電動モデルを拡充していく計画です。

 価格は14万1100ユーロ(約1660万円)/16万ドルから。欧州で2019年第4四半期、米国で2020年第1四半期にデリバリー開始予定。日本市場への導入は2019年9月現在、未定です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた