ニュース
» 2019年09月30日 14時03分 公開

「嫌がらせやモラハラ行為があり」「春頃から体調を崩すように」 織田信成、アイススケート部監督辞任について関大に反論

約2年半監督を務めていました。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 プロスケーターの織田信成さんが9月29日、務めていた関西大学アイススケート部の監督を辞任したことについて、「一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させて下さい」とブログで伝えました。

織田信成 関大 関西大学 コーチ 辞任 モラハラ 嫌がらせ 織田さんが投稿したエントリ(画像は織田信成オフィシャルブログから)

 織田さんは9日、2017年4月から約2年半に渡って務めてきた同部監督を辞任。当初辞任の理由は、織田さんの多忙のためとされていましたが、それに対して織田さんは「関西大学との話し合いの場で『多忙で監督として十分な時間が取れない』とは一言も話していません」と大学側の発表を否定。辞めた本当の理由はリンク内での嫌がらせやモラハラ行為だとし、その影響で織田さんは体調を崩し辞任までの約3カ月間、指導を行っていたリンクに行くことができなかったと言います。

織田信成 関大 関西大学 コーチ 辞任 モラハラ 嫌がらせ 織田さん(画像は織田信成オフィシャルブログから)

 7月には、弁護士も含めて関大と話し合いを実施。大学側が嫌がらせやモラハラ行為について調査するということで落ち着いたものの、その後2カ月たっても結果報告はなかったとのこと。織田さんは「このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ち」を抱き、辞任を決意したとつづっています。

 織田さんは、「この件について公表する予定はありませんでしたが、辞任してから事実とは違う内容が関西大学側から発表され、精神的に耐えられず、今回自分の口で説明する事となりました」と苦渋の決断だったことを告白。

 職務を途中で投げ出すことになったことを謝罪し、「どんな状況でもスケートを教える事がすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています」と後悔をにじませながら、最後には「指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います」と前向きな言葉で締めくくっています。

関連キーワード

辞任・退任 | 織田信成 | 大学 | 関西 | 投稿


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.