ニュース
» 2019年09月30日 16時35分 公開

アニメ「プリンセス・プリンシパル」続編、2020年4月10日劇場公開決定 アンジェ役は古賀葵に変更

特報動画解禁、シリーズ構成・脚本は「舞-HiME」の木村暢が担当。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」の続編「プリンセス・プリンシパル Crown Handler」第1章の劇場公開日が、2020年4月10日に決定しました。主人公アンジェの声は、先に声優活動を引退した今村彩夏さんに代わり、「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」の四宮かぐやなどで知られる古賀葵さんが担当します。

プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章 2020年4月10日劇場公開 古賀葵(公式サイトから) 第1章公開は2020年4月10日(公式サイトから)

 「プリンセス・プリンシパル」は、2017年7〜9月にテレビ放送されました。19世紀末の架空のロンドンを舞台に、スパイとして暗躍する少女たちの活躍を描いたオリジナルアニメです。愛らしいキャラクターたちとハードなストーリー、梶浦由記さんが手ける独特の音楽との取り合わせが話題となりました。

 2018年4月に続編の制作がアナウンスされていたものの、主役声優が引退。先行きを懸念する声も聞かれましたが、公開日が決まったことでファンの間には安堵(あんど)と喜びの声が上がっているようです。

プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章 特報動画 アンジェ 古賀葵 アンジェたちに下された新たな任務とは?(特報動画から)

 公開された特報動画では、古賀さん演じるアンジェの声によるナレーションで、テレビ版最終回で彼女たちが行き着いたカサブランカを出発点に新たな任務が下されるストーリーになると語られています。なお、監督は引き続き橘正紀さんが手掛ける一方、シリーズ構成・脚本はテレビ版の大河内一楼さんから「舞-HiME」などで知られる木村暢さんへ変更になっています。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.