ニュース
» 2019年09月30日 19時00分 公開

色気たっぷりの専用カラー レクサス、最上級クーペに限定モデル「LC PATINA Elegance」発売、生産数わずか100台のみ (1/2)

優雅で豪華なラグジュアリークーペに仕上がっています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 トヨタ自動車の高級車ブランドであるレクサスは、9月26日、最上級クーペ「LC」の特別仕様車「PATINA Elegance」を発表しました。発売日は2019年10月1日、価格は1400万円(10%税込時、以下略)からです。

PATINA Elegance レクサス「LC500h PATINA Elegance」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 LCは、レクサスシリーズの中でも最上級とされるラグジュアリークーペで、最高477馬力を出力するV8エンジンを搭載した「LC500」、最高299馬力のV6エンジンと最高180馬力の電動モーターを搭載したハイブリッドモデル「LC500h」を展開しています。

 今回登場するPATINA Eleganceは、エレガンスな雰囲気を漂わせるテレーンカーキマイカメタリックを専用カラーに設定。ほかにもソニックチタニウムなど、計3色をラインアップしています。

PATINA Elegance PATINA Eleganceの内装

 インテリアはステッチの色まで含めてブラウンで統一したコーディネートで、柔らかで落ち着きのある空間に仕上げています。

 また、シートやステアリング、シフトノブには最高級の本革を採用して、使用時の感触にもこだわって作りこんでいるそうです。

PATINA Elegance 専用装備のL-ANILINE本革シート
PATINA Elegance シートに入ったステッチ

 ルーフやサンバイザーなどの部分には高級素材として知られるアルカンターラが使われているほか、スカッフプレートはレクサスの象徴であるL字を重ね合わせたモチーフを刻み込むなど、細部にまでデザインが施されています。

 PATINA Eleganceの販売台数は限定100台のみ。価格はLC500仕様が1400万円、LC500h仕様が1450万円となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.