ニュース
» 2019年09月20日 17時00分 公開

ひょぇぇお値段4億5000万円から レクサスがガチ豪華ヨット「LY650」発売、ワールドセレブ狙い撃ち【写真22枚】 (1/2)

かっけぇぇぇ!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 ほぇぇぇ! 豪華で速そう! マリン事業に参入したレクサスが、同ブランド初のラグジュアリーヨット「LY650」を世界初披露しました。発売は2019年10月30日、価格は4億5000万円(税別)からです。

LY650テールランプ レクサスのヨット「LY650」

 LY650は2017年1月に披露した「LEXUS Sport Yacht Concept」をもとに開発された65フィートクラスの同ブランドの最上位艇。主に北米の富裕層へ訴求すべく、レクサス車のデザイン哲学を取り入れた美しい船体とともに、レクサス車と同様の「すっきりと奥深い」航走性能を実現するとしています。

LY650テールランプ 爽快に航行 ボルボ Penta IPSを2基搭載

LY650テールランプ 躍動感のあるフォルムや曲線美

 エクステリアは、黒をベースに丸みを帯びた船首とボリュームを強調した船尾の曲線美が魅力です。船体は米国のヨットメーカー「Marquis Yachts」との共同開発。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)を組み合わせた軽量で剛性の高い船体を実現。トヨタ車製造の効率的な生産手法・工程である「トヨタ生産方式(TPS)」を導入して生産します。

LY650テールランプ デッキにはテーブルとソファが

LY650テールランプ レクサスのロゴがここに

LY650テールランプ かっこいい!

 豪華なインテリアは、イタリアのヨットデザイン会社「Nuvolari Lenard」とコラボ。明るさと開放感を感じさせる居住空間から高級感と快適さが伝わります。

 LY650には最新の船舶向けコネクテッド技術「LY-Link」を搭載。スマートデバイスとの連携によって、遠隔でエアコンやライトの操作、船の状態モニタリングや異常検知と通知機能などを利用可能。トヨタの掲げる「つながるクルマ」の技術がヨットにも採用されています。

LY650テールランプ 白を基調とした明るく開放感のある室内空間

LY650テールランプ 上質さを感じさせるデザイン

LY650テールランプ ベッドルームには専用のシャワールームを完備

LY650テールランプ こんなソファーでくつろぎたい

 パワートレインはボルボ「Penta IPS」を2基(1050/1200/1350を選択可能)。燃料タンク容量4012リッター、清水タンク容量は852リッター。ジョイスティック操舵、定点保持、オートフラップなどに対応。全長は19.94メートル、全幅は5.76メートル。客室数は3です。LY650は米国フロリダで2019年10月30日から11月3日に開催される「Fort Lauderdale International Boat Show」に出展予定です。

※ちなみに……:「ヨット」というと、一般的に日本では“セールで走る船”を想像すると思います。しかし海外でいうところの「ヨット」は、セールで走るか、エンジンで走るかには関係なく「個人用の豪華船」という意味で使われます。ちなみに“セールで走る船”については、海外では「セールボート」や「セーリングクルーザー」と呼ばれます。


(カナブンさん)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン