ニュース
» 2018年03月19日 12時00分 公開

う、うん億円〜!? ぶっ飛ぶ豪華っぷり、ちょっとのぞいてみましょう「超高級ヨット」の世界(2/3 ページ)

[長浜和也,ねとらぼ]

立派な船体、豪華で落ち着いた趣の内装「Tartan 4000」

 米国のセーリングクルーザービルダーであるタータンヨット(Tartan Yachts)が建造した「Tartan 4000」は2011年に登場したモデルです。マストの高さは約18メートル。全長12.41メートル、船幅3.96メートルの立派な船体が特徴です。

Tartan 4000 Tartan 4000

 内装は木材を多用し、落ち着いた趣です。パワーボートと違い、セーリングクルーザーは航海用計器が比較的少なめです。しかし高級艇となれば、大きな舵輪(現代ではラットといいます)の前にマルチファンクションディスプレイをバシッと搭載し、航海用電子参考図やソナー、AIS(船舶自動識別装置)に外部カメラの画像などを表示しながら効率的に帆走できます。

Tartan 4000 リビングルームとその奥にあるシャワールームとトイレ
Tartan 4000 舵輪を2つ実装

 ところで、このような大きなヨットにはなぜ2つ舵輪が付いているのかご存じですか? これは傾いて航行する特有の事情にあります。2つの舵輪の機能は全く同じです。状況に応じて、使いやすい方の舵輪を選んで操縦するためにあるのです。

 また、パワーボートに対して船体が細めのセーリングクルーザーは船体内部の容量がその分絞られます。とはいえ、外洋を長期にわたって航海をすることが多い船でもあります。そのため、居住性のほかに、調理で使う台所「ギャレー」の使い勝手が大きな選定ポイントになります。

 ギャレーにはプロパンガスを使うコンロと、バッテリーから電力を得る電子レンジやオーブンなどが備わります。それらは、傾いて走るセーリングクルーザーのために、船体が傾いても水平を保てる「ジンバル」に乗せられています。

Tartan 4000 ハッチから見下ろして左舷側にあるギャレー

 また、パワーボートにはあまりない「チャート(ワーク)テーブル」もセーリングクルーザーの多くが備えています。チャートワークとは、紙の海図を広げて、航路を海図へ記入していく作業のこと。現代では航行中にチャートワークをすることはほとんどないのですが、ちょっとした作業席として、無線交信、船内状況、特に電装周りをコントロールする場所として使うことが多いようです。

Tartan 4000 ハッチからキャビンに降りて右舷側にあるチャートテーブル

 船室はギャレーとチャートテーブルを備えたリビングルームのほかに、船首側と船尾右舷側の2カ所に寝室を設けています。また、船首左舷側にはトイレとシャワールームがあって、船首寝室からも直接利用できるドアも用意しています。

Tartan 4000 船首にある寝室。「Vバース」と呼ぶ
Tartan 4000 デッキもよいみはらし

リビングルーム、ダブルベッドのダブル寝室、ツインベッドの寝室1つがある豪華艇「JEANNEAU 54」

 フランスの高級セーリングクルーザービルダーであるジャニュー(JEANNEAU)が建造した「JEANNEAU 54」は、全長16.16メートル、船幅4.92メートルの船です。

JEANNEAU 54 JEANNEAU 54

 船室のレイアウトプランは利用シーンやオーナーの好みに応じて多用にありますが、展示艇はギャレーを併設したリビングルームに、ダブルベッドを備えた寝室2つ、ツインベッドを備えた寝室1つと、寝室を3つも備えた豪華仕様でした。

 さらにトイレも3つ、その全てにシャワー設備もあります。他のセーリングクルーザーと同様に、ギャレーに備えたコンロとオープンは全てきちんとジンバルに乗せられ、さらにJEANNEAU 54では換気扇付きの快適設備が備わっていました。いやー脱帽です。

JEANNEAU 54 コンパニオンハッチからキャビンを見る
JEANNEAU 54 もう普通の家のようなリビングテーブルとソファのセット
JEANNEAU 54 チャートテーブルに備えた無線と電装関連表示盤
JEANNEAU 54 リビングの左舷側にあるギャレー。コンロとオーブンレンジはジンバルに乗っている
JEANNEAU 54 右舷左舷に備える舵輪
JEANNEAU 54 左舷舵輪のコンソールでは航海用電子参考図とソナーを表示
JEANNEAU 54 右舷舵輪コンソールにはバウスラスター操作スイッチと風向風速計を表示していた。どちらもコンソールもRaymarineのマルチファンクションディスプレイなので、表示内容は切り替え可能
JEANNEAU 54 JEANNEAU 54のデッキ

古き良き時代を思わせる内装がいい感じ「Hanse 418」

 ドイツのセーリングクルーザーとして日本でも知名度が高いハンゼ・ヨット(Hanse Yachts)の「Hanse 418」は、全長が12.4メートル、船幅は4.17メートルの船です。

Hanse 418 Hanse 418

 コックピットには、B&G製電子航法支援システムの大画面マルチファンクションディスプレイを組み込んだコンソールがどどんと立っていました。これ、かなりお高い機器です。

Hanse 418 Hanse 418のデッキに立つB&Gの電子航法支援システム

 内装は質実剛健で、過度に飾らない木材を多めに用いた落ち着いた雰囲気です。チャートテーブルはほどよくコンパクトで、通信と舷灯点灯指示盤、そしてアナログの航海時計と気圧計を配置した古き良き時代の船を思わせるディスプレイがいい感じです。

Hanse 418 Hanse 418のリビングルーム
Hanse 418 左にあるアナログの時計と気圧計がいい感じ

“船のロールス・ロイス”、スワンの超豪艇「SWAN 54」

 フィンランドのナウターズ・スワン(Nautor's Swan)が建造するセーリングクルーザー「スワン」は、クルマでいうところの「ロールス・ロイス」に相当するステータスがあるトップブランドです。

SWAN 54 出た!これが“海のロールスロイス”ことスワンの「SWAN 54」

 そのスワンブランドを冠する高級艇「SWAN 54」もあったとならば、ちょっとでも触れておくチャンスを逃してはなりません。全長は16.48メートル、船幅4.75メートル。これでも、スワンのラインアップで最も小型のモデルというから驚きです。

 ちなみにスワン艇を日本で購入しようとしたら、軽く2億円以上は必要だそうです。ひぃぃ。セーリングクルーザーは大きなエンジンを必要としないので、同サイズのパワーボートと比べれば安価になるのが一般的。これまで紹介したほかのセーリングクルーザーも、億円単位にまではいきません。しかしスワンブランドだけは例外です。

SWAN 54 2つの大きな舵輪を備えた、「これぞ」な操縦スペース

 快適な居住性と十分な帆走性能を重視するスワン艇は、何より「船としての伝統的な気品」を大事にしています。2つ備わる大きな舵輪の前にはコンパスとオートパイロットの操作パネルを備えるだけで、近年のセーリングヨットにも見られる“デジタルっぽい”大画面マルチファンクションディスプレイはありません。コンパスの方位盤、Nメモリの下にさりげなくNautor's Swanのロゴを刻んでいるのも気品の表れと説明を受けました。

SWAN 54 コンパスのNメモリの下に刻まれたNautor's Swanロゴ

 船室は、ギャレーとチャートテーブルを併設したリビングルームのほかに、ダブルベッドを備えた寝室が2つ、コンパクトなダブルベッド(実質は広いシングルベッド)を備えた寝室が1つ、シングルベッドを備えた寝室が1つあります。ただし、シングルベッドの寝室は多目的部屋というか、倉庫などとして使うことになるケースが多いといいます。

 トイレはダブルベッド寝室のそば、船首側には独立したシャワールームもあります。また、それぞれの船室に収納ロッカーを備えますが、その取っ手の全てに革製のカバーがかぶさっています。デザイン性とともに、揺れでケガをしたりしないためでしょう。また、リビングルームのテーブルはインナーモールドではない独立した椅子があります。その固定にも「ピン」と「革」を使っています。このように細かいデザインと使い勝手への配慮も超豪華ヨットだからこそできる心配りといえます。

SWAN 54 リビングルーム右舷に備えたチャートテーブル
SWAN 54 船首寝室
SWAN 54 リビングルームに備わるテーブルとソファと椅子。これだけ見るととても船の中とは思えません
SWAN 54 糧食庫の向かいにある配電盤。この船尾側に多目的船室があり、大抵の場合、物置になっている

 さて、この規模のヨットならばもちろんエアコンを完全完備し、船内を快適に過ごせるようになっています。しかし、こういったヨットに一般的な家庭用エアコンは使えません。海上では、塩分を多分に含んだ空気によって熱交換のための室外機が短期間で錆びてしまうからです。そのためヨットで使うエアコンは、ポンプで吸い上げた海水で空気と熱を交換する方式の製品を用います。SWAN 54では海水をくみ上げるポンプをキャビン床下に備え、海水利用の熱交換器を船尾倉庫に設置していました。

SWAN 54 船尾ロッカーに設置した海水を利用したエアコンの熱交換ユニット
SWAN 54 船尾ロッカーには舵を動かす操舵機構にもアクセス可能。舵軸に扇形の板を固定し、そこに刻んだ溝へ舵輪と連動したワイヤを巻き付けてある。舵輪を回すとワイヤが左右に動いて扇形の板を回し、その動きで舵の軸が回転して舵が動く。電子的な部品やパワーユニットは関わっていない、至ってシンプルな機械式の仕組み


 以上、ジャパンインターナショナルボートショー2018の第二会場横浜ベイサイドマリーナに集まった展示艇の中から、できるだけ大きく豪華で、かつ実績と人気のある船を中心に試乗して内部に肉薄してみました。

 会場で「こういう夢のような船を買える人たちがいるんよですねえ。はぁ〜、お友達になりたいわー」などとつぶやいていたら、とある船のスタッフさんがこう言うのです。

 「ヨット乗りも高齢化が進んでいて、体力がなくなってきていることから、若いクルーをいつも探しているんですよ。なので、思い切って声を掛けてみたり、連絡してみたりすれば、多分ただでヨットに乗せてくれますよ」

 そうです。自分でヨットを買わずとも、買えずとも、港に置かずとも、ヨットが大好きならば、体力があるならば、超豪華ヨットの世界は想像以上に私たちも受け入れてくれます。例えば「月刊 KAZI」などのヨット専門誌にはクルー募集の告知投稿が載っているので、本気ならば連絡を取ってみるのも一興です。ここで紹介したようなヨットにタダで乗れて、遠い島まで旅ができて、ひょっとするとオーナーの知り合いの「お姉さん」ともお友達になれるかもしれません。これほんとまじです。

 いやー、船ってホントいいものですよ。

長浜和也

 IT記者は仮の姿で本業は船長(自称)。小型帆船を三浦半島の先っちょに係留する“一人旅”セイラー。伊豆諸島を旅するため、学連経験やクルー修行をすっとばして、いきなり1級船舶免許を取得してヨットに乗りはじめて早20年。かつて船で使うデジタルガジェットを紹介する不定期連載も。

 →「海で使うIT」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」