ニュース
» 2019年10月03日 18時00分 公開

「さようなら、ウニえもん……」 引き出しを開けてどこかに帰ろうとする猫ちゃんが哀愁漂っている

ドラえもんのような短い足もかわいい。

[錆,ねとらぼ]

 引き出しからタイムマシンに乗って未来へ帰っていくドラえもんのように、猫の「ウニ」ちゃんが引き出しの中へと入っていきます。さようなら、ウニえもん……!



京都町家猫カフェ 狙いを定めるウニちゃん

 引き出し棚の前に座っているのは、もうすぐ5歳のマンチカン「ウニ」ちゃん。中段の引き出しに前足を引っ掛けると、少しだけ引き出しが開きます。他の猫ちゃんが見守る中、ウニちゃんはしっぽをぴーんと立てて爪先立ちになり、どうにか中へ入ろうと奮闘。


京都町家猫カフェ 中段の引き出しに前足を引っ掛けて

京都町家猫カフェ 他の猫に見守られながら開けていく

 力技で引き出しを開けたウニちゃんは、身のこなしも軽やかに中へと入っていきます。しっぽまできちんと中に収めたウニちゃんは、上から見ないと引き出しに入っているとは分からないほどすっぽり。


京都町家猫カフェ するんと中に入るウニちゃん

京都町家猫カフェ しっぽも収納

 そんなウニちゃんの姿は、部屋の引き出しからタイムマシンに乗って時間を行き来する猫型ロボット「ドラえもん」にそっくり! 短い足がかわいいマンチカンのウニちゃん、体形もちょこっとドラえもん似です。

 Twitterのリプライ欄では「ウニえもん、お誕生日には帰って来て」「ウチにも1台ほしい」と、ドラえもんならぬ“ウニえもん”を熱望する声が集まっています。ちなみにウニちゃんの“ウニ”は寿司ネタでおなじみのウニではなく、フィンランド語で夢という意味なのだそうです。




 動画を投稿したのは、京都市上京区にある猫カフェ「京都町家猫カフェ キャットアパートメントコーヒー」。ここにはウニちゃんを含む16匹の猫ちゃんが暮らしており、自由に動き回る姿を楽しめます。また、同カフェには以前紹介した、お風呂がイヤで柱になりきるエキゾチックショートヘアの「あずき」ちゃんなど、SNSで話題の猫ちゃんも多く在籍していますよ。

 2019年10月12日〜20日(15日、18日はお休み)にはウニちゃんのバースデーイベントが開催されるそうです。もしかしたら引き出しに入っていく“ウニ”えもんが見られるかもしれませんね。






画像提供:京都町家猫カフェキャットアパートメントコーヒー(@CatApartment)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.