ニュース
» 2019年10月03日 13時40分 公開

“ニャンちゅう声優”、津久井教生難病「ALS」公表も仕事継続へ 「少しだけ無理をしてALSの進行を押さえたい」

前向きな言葉ばかり。

[深戸進路,ねとらぼ]

 NHK Eテレに登場するキャラクター「ニャンちゅう」の声を担当する声優・津久井教生さんが10月3日にブログを更新。1日に難病である「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を公表しており、その反響に対して「皆さんに聞いてほしいこと」と思いをつづっています。

津久井教生 ニャンちゅう 声優 ALS 筋萎縮性側索硬化症 ブログ 筋萎縮性側索硬化症を公表した津久井さん。現在58歳(画像は津久井教生オフィシャルブログから)

 津久井さんは1日、ALSと診断されたことをブログで公表。「かなりきつい病気ですが…なんと今のところ『声』だけは無事の状態でいます」と現段階では発声に問題はないものの、「自力で歩くことが難しく、ダブル杖と車椅子での移動となっていますが、それ以外は結構元気です」と深刻な症状が表れていることを告白していました。

 この報告にネットで心配する声や温かい声援が寄せられたことを受け、「ニュースにしていただいたおかげで、素敵な応援がたくさん届いていて」と予想を超える反響に驚きと感謝をつづった津久井さん。「この病気の特性で言うと……『今が一番元気である』とも言えるのです」と進行性であるALSとの付き合い方を示しつつ、「先日『ニャンちゅう!・宇宙!・放送チュー!』の収録に参加して、いつも通りのお仕事をさせていただきました」と仕事を継続していることも明かしています。

津久井教生 ニャンちゅう 声優 ALS 筋萎縮性側索硬化症 ブログ 相棒・ニャンちゅうとの2ショット(画像は津久井教生オフィシャルブログから)

 苦難に直面しているにもかかわらず、「本当に歩くのに難がある以外は元気なのです 素敵な力が『声』を残して下さっている状態です」と終始ポジティブな言葉を並べた津久井さん。今後については「『ALSとつきあいながらしっかりとお仕事や生活をしていく』つもりです」と力強い意思を示しており、「無理は禁物ですが、少しだけ無理をしてALSの進行を押さえたいと思っています 引き続き応援よろしくお願いします」と厳しい闘病に向けた言葉も残していました。また同投稿には、長年の相棒・ニャンちゅうとの2ショット写真が添えられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.