ニュース
» 2019年10月06日 13時00分 公開

これが水彩画の魅力……! 水彩画家による透明水彩で描いた風景画が懐かしさを覚える美しさ

昔の記憶が呼び起こされるような風景画です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 自然の美しさを温かみと懐かしさを加え描いたような、水彩画家による風景画に驚きと感動の声が寄せられています。水彩画の魅力と面白さを改めて感じる……!



 投稿されたのは、緑のある岩場や揺らぐ水面、光と風を受けて揺らぐススキといった身近な自然の風景。目に入った瞬間はその写実的な絵に驚きますが、自然を捉えた色使いだけでなく、すがすがしい空気感や、日光を受けた葉やススキの透明感などが見事に表現されており、全体から生き生きとした印象を感じます。この匂いを思い出すような感覚はなんだろう……。


透明 水彩画 あべとしゆき 風景 リアル 写実的 絵 自然 リアルなだけでなく自然の空気感を感じる……

 そんな不思議と懐かしさを覚え、心ひかれる水彩画ですが、ズームしてみるとまた面白く、あるいはなぜ魅力的に感じるのかが少し分かるかもしれません。精密なタッチから、水の存在を感じる色の流れや美しさ、また大胆にも思えるにじみやかすれでも表現されていたりと、水彩画らしさに気付き、それが全体のやさしい雰囲気を生んでいるのかなと、素人ながらに思い再び感動します。特に水面の表現にはビックリ。


透明 水彩画 あべとしゆき 風景 リアル 写実的 絵 自然 ズームすると特に面白く、透明感やタッチに感動します


透明 水彩画 あべとしゆき 風景 リアル 写実的 絵 自然 水彩の表現によってどこかファンタジーにさえ感じる美しい風景に

 ちなみに使われているのは透明度の高い「透明水彩絵具」で、子どものころに学校などで使っていた「不透明水彩絵具(またはマット水彩絵具)」とは別物。透明水彩では基本的に白色を使わず、画面(紙)の上で混色し、透明感のある色合いが表現可能な一方、重ね塗りでの修正が難しいため基本的に一発描きで描かれています。


透明 水彩画 あべとしゆき 風景 リアル 写実的 絵 自然 目に映るものが全てキラキラしていた子どもの頃を思い出すよう

 作者は、2008年頃から水彩画作品を中心に発表している、あべとしゆき(@abe_watercolor)さん。国内だけでなく海外の展示会にも出品し、フランスの美術マガジンに表紙&特集で掲載されるなど、海外のファンも多く持つプロの水彩画家です。




 水彩画の魅力を伝えるべく、6カ月前からTwitterとInstagram(@abe_watercolor)を開設。今回公開された作品には「すごい…」「現実より美しく神秘的」「本物を見てみたい」と水彩画の表現に感動し、興味を持つ人の声が寄せられています。

 横浜高島屋の美術画廊(7階)では、10月9日〜15日まで「『水彩 自然を描く』出版記念 あべとしゆき水彩画展」が開催。あべとしゆきさんの作品を実際に見てみたい方はこちらに足を運んでみるといいでしょう。







画像提供:あべとしゆき(@abe_watercolor)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」