ニュース
» 2019年10月03日 16時35分 公開

「俺も悪代官になりたい」と思った時に気になる「そもそも小判って買えるの?」

「おぬしもワル」になれる。

[久我山徹,ねとらぼ]

 関西電力(関電)の役員が福井県高浜町の助役から金品を受け取っていた問題で、金品には現金や商品券だけではなく、金の延べ棒や「小判」が含まれていたことが話題になりました。時代劇ではおなじみの小判ですが、そもそも現代でも買えるのでしょうか。

フォト ワルよのう

 関電問題では、「小判型金貨」が合計3枚渡されたことが判明しています。金品は「菓子など土産物の袋の底に見えないように金品を入れて渡されるケースが多かった」とのことで、時代劇の悪代官と越後屋(今回の舞台は越前ですが)を思い浮かべた人が続出しました(関連記事)。

フォト 一躍注目された小判(関電の調査報告書より。集中線は加工によるもの)

 ニュースを知って「俺も悪代官になりたい」と思った人も多いかもしれませんが、ハードルが高そうなのは「小判」の入手。関電問題で登場した「小判型金貨」がどんなものなのか、具体的には明らかにされていません。小判は現代でも入手できるのでしょうか。

 まず思いつくのは古銭です。価格.comのホビーカテゴリで「小判」を検索すると、さまざまな小判がヒットします。江戸時代初期に発行された「慶長小判」は約346万円という値が付いていますが、幕末に発行された「万延小判」なら10万円台から買えるようです。

フォト 古銭としてのさまざまな小判が販売されている(価格.comより)

 さらに、現代に作られた新品の小判を買うこともできます。貴金属店の老舗、GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー)のオンラインショップには、5万円台の小判や200万円の大判などが並んでいます。今年6月には、新元号の「令和」をデザインした純金の小判(50グラム)と、純金の大判(200グラム)を発売しました。お値段はそれぞれ税込45万円と税込180万円です。

フォト GINZA TANAKAの「令和」小判。庶民にはあまりにまぶしい光を放つ

 開催まで1年を切った「東京オリンピック・パラリンピック記念小判」も公式オンラインショップで購入できます。公式マスコットをあしらったデザインの小判で、税込価格は22万円から132万円です。

 小判が購入できるのは分かったものの、それぞれ素材が金である上、工芸品としての価値もプラスされてお高いのがネックではあります。もうちょっと気軽に悪代官になりたいという方におすすめなのがレプリカ。時代劇グッズなどを扱う「しのびや」が販売している、実際に映画などで小道具として使われているという小判なら1両(枚)356円(税込)で入手でき、100両(枚)でも3万800円(税込)。比較的リーズナブルにお江戸の悪を満喫できそうです。

フォト 東映太秦映画村にも出店している「しのびや」が販売する小判のレプリカ(Webサイトより)

 より実用的なものとしては、「山吹色のお菓子」というズバリなお菓子も販売されています。「まじめに作った、ネタっぽ過ぎるご贈答品」というこのお菓子、埼玉県朝霞市の「セントラル・スコープ」が実際に販売しているもの。箱を開けると小判型の入れ物が並び、中には焼き菓子が入っているという仕掛け。焼き菓子の中身には黒ごまのクリームが入っており、「ゴマスリ用の腹黒いお菓子でございます」とのこと。価格は3000円(税別)です。

フォト 実際に食べられる「山吹色のお菓子」(Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」