ニュース
» 2019年10月03日 16時00分 公開

ホンダ、軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 自動ブレーキ「横断自転車」の検知に対応【画像60枚】 (1/5)

装備充実、価格は据え置き。

[ねとらぼ]

 本田技研工業(以下、ホンダ)は10月3日、主力の軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良して発売すると発表。2019年10月4日に発売します。価格は141万1300円(10%税込、以下同)から。

ホンダ N-BOX 軽トールワゴン ホンダ「N-BOX」「N-BOX Custom」(2019年10月MC版)

 N-BOXは2017年9月の発売以来、新車販売台数トップ(日本自動車販売協会連合及び全国軽自動車協会連合会調べ 2017年9月〜2019年8月)を維持するホンダの主力軽車種です。

 今回の2019年マイナーチェンジ版は、全車標準装備の安全運転支援システム「Honda SENSING」の性能を向上。また、これまで一部グレードのみの採用だった「運転席&助手席シートヒーター」と「左右独立式リアセンターアームレスト」を全車標準装備とし、快適性能とコストメリットをより高めました。税別車両価格はほぼ据え置きです。

 Honda SENSNGはミリ波レーダーとカメラを組み合わせて周囲の状況を認識し、衝突予測ブレーキ、踏み間違い防止、レーンキープ、前車自動追従などでドライバーの運転操作を補佐する安全運転支援機能です。今回新たに衝突安全ブレーキの機能において「横断自転車」の予測に対応し、「街灯のない夜間の歩行者検知」の能力も高めました。併せて、リアカメラの性能向上(30万画素から100万画素)によってより明確な後方確認ができるようになります。

ホンダ N-BOX 軽トールワゴン 衝突安全ブレーキ機能で「横断自転車」に対応
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン 併せて「街灯のない夜間の歩行者検知性能」も向上
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン N-BOX Customに新たに採用する上質な「本革巻シフトノブ」
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン ホンダ「N-BOX」(2019年10月MC版)燃費性能
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン ホンダ「N-BOX」「N-BOX Custom」(2019年10月MC版)主な仕様と価格
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン (参考)2017年8月登場時の価格(表示は8%税込)
ホンダ N-BOX 軽トールワゴン ホンダ「N-BOX」「N-BOX Custom」福祉車両 主な仕様と価格


       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.