ニュース
» 2019年10月04日 18時45分 公開

グウィネス・パルトロー、出演したことも忘れていた「スパイダーマン:ホームカミング」をまだ見ていないことを暴露される

出演したことも忘れていたし、共演した人のことも忘れていた。

[PROMA KHOSLA,Mashable]
Mashable


 グウィネス・パルトローはまだマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に出演していますが、それは彼女がMCUに必要以上の時間を割かなければならないということではありません。

 グウィネスといえば、「スパイダーマン:ホームカミング」に出演していたことをど忘れし、出演した番組内で「出てないけど」「あれは“アベンジャーズ”」などとのたまってしまったことで有名。今度は米国のトークライブ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」内で、同作をまだ一度も見てないことを暴露されてしまいました。グウィネス、それもったいないよ!

 確かに、マーベルの映画はものすごくたくさんあって、キャストも作品を飛び越えて重なり合っています。彼女は自分の出演シーンが「アベンジャーズ」の映画の一部で(アイアンマン以外の)どのヒーローとも結び付けられてないと思い込んでいたのでしょう。


 この「スパイダーマン:ホームカミング」についての暴露と同じころ、パルトローは「アベンジャーズ」で共演したバッキー役のセバスチャン・スタンとパリ・コレクションで同席し、写真を撮っています。写真を自身のSNSに投稿したセバスチャンは「グウィネスに3度目の自己紹介ができてよかった。同じ映画に出てたんだけどな……」とコメント。すっかり忘れられていたようです。セバスチャン、彼女は仕事に来てるんだよ! 友達作りにきてるんじゃないんだからね!

 司会者のキンメルは「あなたはグウィネス・パルトローなんだから……スパイダーマンは見なくていいよ!」ともうグウィネス的には見てなくても全然OKだと続けています。

 こんなことを書いているとまるでスパイダーマンが彼女のキャリア外にある作品のようですが、繰り返しになるのを恐れずにいうと、彼女は2008年から複数のMCU映画に出演しており、それに「スパイダーマン:ホームカミング」は傑作です!

(C) Mashable, Inc. Published under license from Ziff Davis International.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」