かぎ針編みで「エイリアン」と「スケルター」 息子のリクエストに応えたママお手製ハロウィーン衣装が半端ない仕上がり

こいつ……動くぞ!!

» 2019年10月07日 16時01分 公開
[ANDY MOSERMashable]
Mashable
かぎ針編み エイリアン スケルター ステファニー・ポコルニーが膨大な糸と時間を使って息子たちのために作ったゼノモーフとスケルター Image:Twitter/stephanie pokorny

 完璧な衣装を紹介します。その構造的な完璧さは、かわいすぎる者だけが似合うものだという。

 ステファニー・ポコルニーは、Crochetverseという名でも活動するかぎ針編みの魔法使いです。彼女は今年目にする中でも最高の衣装を2つ作りました。衣装づくりに必要なもの? たくさんの糸と時間です!

 ポコルニー家では、2人の年少の男の子たちがハロウィーンに何がしたいか母親に伝えるのが伝統になっていました。それで彼女は苦心して2人の衣装を作ったのです。2019年に選ばれたのは、「マスターズ/超空の覇者」のスケルターと、「エイリアン」のゼノモーフでした。

 「私たちはレトロでヴィンテージな家族ですので、自分の年齢にそぐわない時代のものをよく選ぶんです」とDMでMashableに語ってくれたポコルニー。衣装にかかったコストを聞くと、「材料費は75ドルの範囲内だったはず。でも労力は……もう何といえばいいのか……すっごく、たくさん。あはは!」

かぎ針編み スケルター かぎ針編みで作ったゼノモーフの衣装 Image:Twitter/stephanie pokorny
かぎ針編み ゼノモーフ かぎ針編みで作ったスケルターの衣装Image:Twitter/stephanie pokorny

 各衣装はかぎ針編みに35〜50時間を要し、2〜3週間かかるといいます。単純計算で、最大100時間、6週間もかかる大仕事なのです。それにより、彼女の息子たちは近所で最もクールな子どもになれるというわけです。

 もしハロウィーンのためにこの壮大なかぎ針編み衣装を手に入れたいと思っているなら、ちょっと運が悪かったですね。この傑作は売り物ではないのです。

 「1年のうちほとんど、私は自分でデザインしたかぎ針編みのレシピを作って売っています。子どもが小さくて手を離せないうちはこうしてお金を稼ぐんです」とポコルニー。「この衣装は私たちが楽しむためのものだから、販売はしないし、型紙も作りません」。


 とはいえ、もちろん自分で作ってみることだってできます。でもハロウィーンはもう数週間後に迫っていますから、控えめに言ってもこのレベルの細かさと出来栄えのかぎ針編みは難しいでしょう。あなたの賭けに対して嘘をつくことはできないんですが、でもお気の毒に思いますよ。

(C) Mashable, Inc. Published under license from Ziff Davis International.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  3. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  7. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」