ニュース
» 2019年10月09日 19時00分 公開

「まちカドまぞく」アニメ人気で重版決定 そして本当に面白くなるのはアニメの範囲の先からという希望に満ちあふれた話 (1/3)

「シャミ子? 今日のご飯何?」はアニメで見られるか。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2019夏アニメ「まちカドまぞく」の円盤(Blu-ray、DVD)と原作漫画が人気になっており、どちらも重版が決定しました。緩やかにスタートした第1話から後半で一気に人気となった同作ですが、実はアニメ化された範囲である2巻(と3巻の序盤)はまだプロローグ的な部分。本当に面白くなるのはここからだったりします。

 というわけで、ここでは「まちカドまぞく」の魅力を知ってもらうべく、3巻以降の見どころを紹介します。なお、本記事は核心には触れませんがネタバレ要素を含むため、2期が来ることを信じてあらゆる情報をシャットアウトしたい方はご注意を。また、筆者は単行本(電子版)で原作を読んだため、5巻より後のコミックス部分は把握していない点ご了承ください。


まちカドまぞく 「まちカドまぞく」キービジュアル

「まちカドまぞく」とは

 本題に入る前に、「まちカドまぞく」の簡単な紹介とアニメ化された範囲のあらすじの紹介を。

 「まちカドまぞく」は、芳文社の『まんがタイムきららキャラット』で伊藤いづもさん(@izumo_ito)が2014年から連載中の4コマ漫画が原作。まぞく(魔族)の子孫である吉田優子(シャミ子)と、魔法少女の千代田桃を中心に、不思議な街「多魔市」で繰り広げられる日常が描かれます。


まちカドまぞく シャミ子

まちカドまぞく 千代田桃

 それまで普通の女の子として過ごしてきたシャミ子でしたが、15歳のある日突然頭に角が生えてきました。母の清子から吉田家は「闇の一族」の末裔(まつえい)であり、「光の一族」の巫女(みこ)である魔法少女を倒し、吉田家にかかった「一か月4万円生活」などの封印を解くように言い渡されます。


まちカドまぞく 母の清子

 そんな中、魔法少女が同じ学校に通っていたことが判明。それがダンプを片手で受け止め、ひかれそうになっていたシャミ子を助けた千代田桃でした。助けられた恩はあれども勝負を仕掛けるシャミ子ですが、片手ダンプvs超絶虚弱シャミ子では勝負にもなりません。


まちカドまぞく 残念ながらこんな風にはならなかった

 こうしてシャミ子にとっての宿敵となった桃。なぜか桃はこの日からシャミ子をしごいて鍛え始めるのですが、しごきしごかれするうちに両者は親交を深めていきます。そんなある日、(アニメ本編のネタバレになるので詳しくは語りませんが)桃の姉の千代田桜が、過去に吉田家へ多大な迷惑を掛けていたことが判明。

 責任を感じ、シャミ子の元を去ろうとする桃。しかし、シャミ子は桃と一緒にいることを選択し、共闘していくことを誓いあう……というのがアニメで放送された範囲であり、原作漫画の単行本2巻までの内容となります。

 この時点で多くの視聴者はテレビの前で手を合わせて「てぇてぇ……」(尊い)と唱えながら光りに包まれ消滅していったわけですが、3巻から2人の関係はさらに加速。あなたはこのてぇてさに耐えきれるでしょうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.