ニュース
» 2019年10月11日 20時13分 公開

やったぜ! 屋久ユウキのラノベ『弱キャラ友崎くん』、アニメ化企画進行中であることが明らかに

屋久ユウキ「アニメ化してもエゴサはやめません」。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 小学館ガガガ文庫の人気ライトノベル『弱キャラ友崎くん』(屋久ユウキ)のアニメ化が10月11日に明かされました。いけない、屋久先生がますますリア充になってしまう!


 『弱キャラ友崎くん』はガガガ文庫(小学館)で2016年5月から刊行(既刊8巻)。ゲーマーとしては日本屈指でありながら、リアルの人生では弱キャラな非リア充の友崎くんが、学園のパーフェクトヒロインで人生における強キャラの日南葵をはじめとした面々の指南を受けながら人生という名のクソゲーを攻略しリア充へと成長していくストーリー。

 2015年の「第10回小学館ライトノベル大賞」では優秀賞を受賞。『このライトノベルがすごい!』(宝島社)では、2017年から文庫部門で3年連続TOP10入りを果たしており、特に2019年は『錆喰いビスコ』『りゅうおうのおしごと!』に次ぐ3位にランクインし映像化の期待も高まっていました。

弱キャラ友崎くん アニメ 屋久ユウキ リア充 ガガガ文庫弱キャラ友崎くん アニメ 屋久ユウキ リア充 ガガガ文庫 アニメ化が発表された『弱キャラ友崎くん』 (c)Y/F/SG



 これまで、Twitterで同作に関連した告知が行われる際は、「アニメ化ではない」といった旨の注釈がわざわざ付けられることがお約束となっていましたが、10月11日に行うとした発表の予告にはその注釈がなく、ユウキさんも「どきどきするね」など通常運転のすっとぼけをみせていたため、ファンからは「否定、しない……!?」「これは決定ってことでよいよね?」「実写化ですか?」「これはもしも違かったら暴動が起きるレベル」など発表に注目が集まっていました。今回の発表ではアニメ化企画が進行中とされているのみで、放送時期などは明らかにされていませんが、続報が楽しみですね。


 さて、ここで唐突に記しておきたいのは、著者の屋久ユウキさんについて。Wikipediaでは“エゴサーチを得意とする”などと書かれてしまうほど斜め上に意識の高い愛すべきラノベ作家としてTwitterでも人気ですが、主人公がリア充を目指す物語の作者は、ライトノベル作家のイメージを覆すようなバリバリのリア充。TwitterやInstagramではパリピ感にあふれた投稿もみられる他、高すぎるエゴサ力から繰り出されるファンとの交流も人生の強キャラ感があり、とても親近感が湧く人物です。

弱キャラ友崎くん アニメ 屋久ユウキ リア充 ガガガ文庫 Wikipediaから。屋久先生愛されている

弱キャラ友崎くん アニメ 屋久ユウキ リア充 ガガガ文庫 屋久ユウキInstagramから。女優やコスプレイヤーと戯れる屋久先生。これがリア充……(歯ぎしり)

 ねとらぼでは早速屋久先生にコメントを打診。以下のようなすてきなコメントを頂戴しました。

屋久先生コメント

この度はご紹介ありがとうございます。あのねとらぼさんからエゴサについて触れていただけるとは、とても光栄です。

「見ればリア充になれる」とまでは言いませんし、「リア充」という在り方を無条件に肯定するわけでもありませんが、いまの自分の在り方に悩んでいる人にヒントを与えられるような作品にはなっていると思っています。これを機に原作・アニメともにご興味を持っていただければ幸いです。


 ということで、ねとらぼは屋久ユウキ先生と『弱キャラ友崎くん』をこれからも応援しています!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.