ニュース
» 2019年10月11日 20時40分 公開

キャラクター召喚装置「Gatebox」が正式販売を開始 「リゼロ」エミリアやレムが召喚できるサービスも

スマホゲーム「アリス・ギア・アイギス」などと連携したアプリの開発も決定。

[宮原れい,ねとらぼ]

 自分の部屋にキャラクターを召喚できる装置「Gatebox」の正式販売が10月11日に始まりました。さらに「好きなキャラクターと暮らしたい」という要望に応えるべく、新たにキャラクタープラットフォーム構想を発表しました。



 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術により、ボックス内にデジタルキャラを出現させてコミュニケーションできる製品(関連記事)。今回販売開始となるのは、2016年に登場した限定生産モデルより、スリム化し機能が進化した量産モデル「GTBX-100」で、価格は15万円(税別)です。

※近日中にGatebox限定生産モデル(GTBX-1)ユーザー向けに、量産モデル(GTBX-100)と無償で交換対応を行う「おとりかえプログラム」が実施されます


Gatebox 正式販売 キャラクター プラットフォーム HoloModels Re:ゼロ エミリア レム 「Gatebox」の量産モデル(関連記事

Gatebox 正式販売 キャラクター プラットフォーム HoloModels Re:ゼロ エミリア レム 購入や詳細なスペックについては公式サイトで公開中

 そしてオリジナルキャラの「逢妻ヒカリ」だけでなく、さまざまなキャラクターを召喚できるキャラクタープラットフォームにしていくため、サードパーティーがGateboxにアプリケーションを配信できる「Gatebox App Market」を今冬に公開。同時期には、デジタルフィギュアサービス「HoloModels」を運営するGugenkaと提携し、アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の人気キャラクター「エミリア」「レム」をはじめ、各種作品のデジタルフィギュアが楽しめるサービスの配信が決定しています。

 上記の2人以外に配信開始時に表示可能なキャラクターは、「この素晴らしい世界に祝福を!」のめぐみん、「エロマンガ先生」の和泉紗霧、「世話やきキツネの仙狐さん」の仙狐が予定されています。


Gatebox 正式販売 キャラクター プラットフォーム HoloModels Re:ゼロ エミリア レム 「Gatebox App Market」によりサードパーティ企業によるコンテンツ配信が可能に

Gatebox 正式販売 キャラクター プラットフォーム HoloModels Re:ゼロ エミリア レム サービス(アプリ)名は「HoloModels in Gatebox」で今冬配信予定

 その他にも、スマホゲームの「アリス・ギア・アイギス」、「ビーナスイレブン びびっど!」と連携した対応アプリの開発が決定。それぞれの運営会社とともに、Gateboxの実在感あふれるインターフェイスを活用した新たなコンテンツの2020年度中配信を目指します。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」