ニュース
» 2019年10月15日 16時58分 公開

「また会えますように」 ロックバンド「グッドモーニングアメリカ」活動休止発表に悲しみの声

2020年1月のワンマンツアーをもって活動休止に入ります。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 4人組ロックバンド「グッドモーニングアメリカ」が10月15日、2020年1月のワンマンツアーをもってバンド活動を休止することを発表。各メンバーがバンド活動と今後の人生を見つめ直し、話し合いをした結果、この結論に至ったとのことで、SNSにはおどろきとショックの声があふれました。

グッドモーニングアメリカ グドモ 活動休止 グッドモーニングアメリカ。左から、ベースのたなしんさん、ドラムのペギさん、ボーカル・ギターの金廣真悟さん、ギターの渡邊幸一さん
グッドモーニングアメリカ グドモ 活動休止 公式サイト バンド公式サイトで活動休止を発表(画像はグッドモーニングアメリカ公式サイトから)

 “グドモ”ことグッドモーニングアメリカは、2018年にバンド結成10周年、メジャーデビュー5周年を迎え、初のベストアルバムと6枚目のアルバムを発売。さらに、この1年間に2度の全国ツアー、ファンへの恩返し企画、イベントやフェスへ多数出演するなど、アニバーサリーイヤーを目まぐるしく駆け抜けましたが、それが一段落したタイミングで活動休止の発表となりました。

 活動休止について、ボーカル・ギター担当の金廣真悟さんは「このメンバーでグドモを続ける為に活動休止という選択をしました」と説明する一方で、「またこの4人でステージ上に戻って来る気満々です。俺はその日を楽しみに修行してきます」とコメント。また、ベース担当のたなしんさんも、「またこのメンバーでステージで音を出せるその瞬間まで心の火を絶やさず進んでいきたい」とコメントしており、将来的に活動再開の可能性もあることがうかがえます。

 この発表に対しSNSでは、「活動休止辛すぎ」「活動休止にウッてなってる」「え、凄い寂しい」「活休で泣いてる辛い」とショックの声が上がったほか、「グドモのライブで何度も涙してきた。いつか帰ってきてほしい」「また会えますように また会えるよね」と将来の活動再開を願う投稿が数多く見られました。また、バンド結成の地・八王子にあるタワーレコードのアカウントは「驚きでまだうまいこと言えませんが、タワ八は今までもこれからもグドモが大好きです」とツイートしています。

 活動休止のカウントダウンに入ったグッドモーニングアメリカは、10月16日に活動休止前のラストシングルとなる「フルスロットル」をリリース。2020年1月にはワンマンツアー「また会えるよね」を東京・渋谷TSUTAYA O-EAST、名古屋 DIAMOND HALL、大阪・梅田CLUB QUATTROで行うことも告知されており、このツアーをもってバンドは活動休止に入ります。

グッドモーニングアメリカ グドモ 活動休止 ラストシングル フルスロットル ラストシングルとなる「フルスロットル」

金廣真悟さん

 このメンバーでグドモを続ける為に活動休止という選択をしました。なので、いつとは決まってないのですが、またこの4人でステージ上に戻って来る気満々です。俺はその日を楽しみに修行してきます。長い間ありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしく。

渡邊幸一さん

 いつもグッドモーニングアメリカを応援してくれるみんなへ 今までたくさんの景色を見てきたみんなと、これからも歩いて行けなくなってしまって、本当にごめんなさい。ずっと自分の音楽に対する気持ち、残りの自分の人生、何度も自問自答してきましたが、今はこの答えしか出せませんでした。応援してくれたみんなには感謝してもしきれません。これからも少しでも僕らの音楽がみんなの支えになってくるように、グドモを好きで良かったって思って貰えるように、全力を尽くします。この大きな決断を後悔しない為にも、いつかまたみんなと笑って振り返ることができる為にも、前を向いて進んでいくつもりです。

たなしんさん

 突然の報告で驚き悲しんでいる人へごめんなさい。バンド活動休止後、またこのメンバーでステージで音を出せるその瞬間まで心の火を絶やさず進んでいきたいと思っています! 決まっているライブも全力ファイヤーでいくので遊びに来てもらえたら嬉しいです!

ペギさん

 応援してくれていたファン、グドモクルーの皆んなには本当に感謝しています。やりたい事、やれる事を改めて考えて また会える日のため、これから僕なりのやり方で活動していき、恩返しできるよう努めていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうこざいました。


五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」