ニュース
» 2019年10月18日 13時14分 公開

「ドラゴンクエストウォーク」公開1カ月の売り上げは93億円? 米調査会社が推計 (1/2)

あらためて日本のドラクエ人気を裏付ける結果に。

[ねとらぼ]

 9月にリリースされたスマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」について、公開から1カ月(30日間)の売り上げは8600万ドル(約93億円)に上るという推計を米モバイルアプリ調査会社が発表しました。

フォト 日本のトップアプリになった「ドラクエウォーク」

 ドラゴンクエストウォークは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」シリーズの位置情報ゲーム。スクウェア・エニックスとコロプラが共同開発し、iOS、Androidアプリとして9月12日にリリースされました。

 米センサータワー(Sensor Tower)の推計では、リリース後30日間の売り上げは8600万ドル。「Pokemon GO」のリリース後30日間の国内売上高・1億1800万ドル(約128億円)には及びませんが、1ダウンロード当たりの売り上げはドラクエウォークが51ドル(約5540円)と、Pokemon GOの12ドル(約1300円)を大きく上回っているとしています。

 ドラクエウォークはリリース後の1カ月間、アプリストアのセールスランキングで1位をほぼ維持しています。ただ、10月16日には4位まで後退し、共同開発したコロプラの株価を大きく下げる結果になっています(関連記事)。

フォト 位置情報ARゲームのリリース後30日間の日本国内売り上げ(センサータワーのブログより)

 Pokemon GO以来、日本国内でも幾つかの位置情報AR(拡張現実)ゲームがリリースされましたが、センサータワーによると、7月に公開された「ハリー・ポッター:魔法同盟」のリリース後30日間売り上げは96万5000ドル(約1億円)にとどまったとのことです。

 位置情報ARゲームの中でも、日本ではPokemon GOとドラクエウォークが際立つ結果になりました。センサータワーは、今回の結果がポケモン、ドラクエの日本国内での人気ぶりを裏付けていると解説しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」