ニュース
» 2019年10月18日 16時26分 公開

「伝える人が美しくなければ」 Matt、“美意識批判”のネット記事に反論 メディア側の意識改善を求める

Mattさん「メディア側がタレントに対する発言や行動を見直すべきだよ」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 タレントのMattさんが10月18日にInstagramのストーリーズを更新。Mattさんの美意識についてネガティブに触れたネット記事に対して、「言い返すようで悪いけど、あなた達メディア側が美意識低いんじゃなくて?」と反論しています。

Matt 美意識 反論 東スポ インスタ Mattさん(画像はMatt Instagramから)

 Mattさんは、過剰な美意識がブレイクの妨げになっていると指摘するネット記事を引用し、「言い返すようで悪いけど、あなた達メディア側が美意識低いんじゃなくて? 取材の時とかもうちょっと綺麗な格好してきてくれるとありがたい!」と反論。「美しいものをこちらが発信しても 伝える人が美しくなければ皆さまに本質が伝わらない」と逆にメディア側の美意識の低さを指摘しており、「あなた達メディア側がタレントに対する発言や行動を見直すべきだよ」と良識のある取材、記事制作を求めました。

Matt 美意識 反論 東スポ インスタ ストーリーズ ネット記事に反論したMattさん(画像はMatt Instagramストーリーズから)

 該当のネット記事では、とある現場で“顔の左側”から撮影するように頼んだというMattさんに対して、「何様のつもりだ!」とテレビスタッフから批判の声があがっていると報道。高い美意識を“わがまま”と捉えるニュアンスで記事は書かれており、Mattさんはこれに対しても「『何様?』って言葉が気になった。じゃー、誰だったらどの立場だったらそれが許されるわけ?」「自分が偉いとかじゃなくて意見を述べてるだけ。その意見に対して耳を傾けず意図を理解しようとしない大人たちはほんとに(黒いハートマーク)」と苦言を呈しています。

Matt 美意識 反論 東スポ インスタ ストーリーズ 「誰だったらどの立場だったらそれが許されるわけ?」(画像はMatt Instagramストーリーズから)

 またMattさんはストーリーズを新たに更新し、ファンから寄せられた肯定的な意見を感謝のコメントともに紹介。「ほかの芸能人の方が言えないようなことをズバッと言ってくれて一般人の私達も見ててスカッとします!!!!」という意見に対しては、「大きいプロダクションに入ってる人達は言えないと思う。どこにも縛られてないから言える」と自身の考えをちゅうちょなく表明できる理由も明かしていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」