ニュース
» 2019年10月23日 17時00分 公開

楽天の携帯が接続できない〜それでも意味ある楽天の参入

現在の市場は3社による寡占。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月23日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。楽天の携帯電話無料サービスで利用者が接続できないトラブルが発生しているニュースについて解説した。

フォト 本社(楽天クリムゾンハウス)(楽天モバイル(企業)-Wikipediaより)

楽天の無料携帯電話サービスで接続できないトラブル

IT大手楽天が10月から始めた無料の携帯電話サービスで、利用者が通信に上手く接続できない問題が起こり、相談が相次いでいることがわかった。総務省は詳しい状況について近く楽天に説明を求めることにしている。

飯田)楽天は先月(9月)の会見で、10月から予定していた携帯電話サービスの開始の時期が来年(2020年)4月まで実質的に延期されることを発表しました。基地局の整備が遅れていることなどがその理由とされています。長らく3社体制でしたが、楽天が入って来て活性化するかという期待もありました。

高橋)4社になるかと思いきや、難しいです。基地局の整備の遅れが結果的に、試験的にやっている無料サービスがうまく行かないということですよね。10月から正式に始めていたら大変な混乱でしたので、よかったですね。無料で試験的にやっているところですから。でも、基地局がなかったら携帯にならないですよね。

飯田)昔を思い出しますね。山のなかや、都心を外れると圏外となる。今回の無料のサポータープログラムは、東京23区、大阪市などで5000人にしぼって、来年の3月まで無料にするというものです。データ通信がどうなっているのかわかりませんが、通話ができなければ意味がありません。

高橋)基本的には、基地局の整備がうまくできなかったということです。10月から始めると言ってしまったのでやってみたのですが、大丈夫だと思われるところでつながらないと。

飯田)半年で整備しなければなりませんね。

高橋)そうですね。基地局は比較的簡単ですが、それ以外に問題があったら大変です。

飯田)インフラ整備ですからね。

フォト

3社では寡占状況〜楽天の携帯電話参入は意味がある

高橋)一朝一夕にはできないので、楽天が入ったことに意味はあります。すぐに参入はできません。3社では寡占という状況です。競争があるようですが、談合していてあまりないです。でも4社になると、格段に変わります。1社のシェアは、公正取引委員会での例を見ると25%がいちばん多くて、そこまであれば数が少なくても競争が確保できます。3社になると30数%となり、これだと大きすぎて、3社だと談合してしまいます。2社になるともっと談合します。

飯田)どこかが値下げをすると、阿吽の呼吸で3社だと容易に合わせられます。

高橋)容易にできるし、話し合いも簡単です。4か5になると、さすがにまとまりにくくなります。そのギリギリのところで、4社というのが線引きになっています。競争を確保するために。このままだと寡占になるので、楽天が入るのは意味があります。

飯田)3社ではだめで4社というのは、競争政策の世界共通の基本ですか?

高橋)私は公正取引委員会にいたのですが、4社がいないとだめです。4でもいいとは言えませんが、ギリギリのラインです。4分割というのは多かったです。

飯田)アメリカの通信業界も、スプリントというソフトバンク系列の会社がティー・モバイル・アメリカを買おうとすると、ベライゾン、エー・ティー・アンド・ティーの3社になるとまずいというのが、大きな理由らしいですね。

高橋)どこの国も理論でやっているので、同じ結論になります。

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」