ニュース
» 2019年10月24日 13時47分 公開

マレフィセントに変身したデヴィ夫人、“デヴィフィセント”が降臨! アンジーも「本当にゴージャスよ!」と大絶賛

デヴィ夫人はアンジェリーナ・ジョリーの大ファンなのだとか。

[あいひょん,ねとらぼ]

 映画「マレフィセント2」の主役キャラクターである美しきヴィラン、マレフィセントに変身したデヴィ夫人の姿が公開されました。世界が認めた“社交界の華”として知られるデヴィ夫人の本領が発揮された、気品と妖艶さが共存したショットになっています。

デヴィ夫人 マレフィセント デヴィフィセント コスプレ メイク


 アンジーことアンジェリーナ・ジョリーの大ファンであるというデヴィ夫人は、アンジェリーナの映画を何本も見ているそうで、「美しいだけではなく、難民などの社会問題にも目を向け決断力と行動力を持ち合わせている所が、他の女優とは異なる尊敬できる点」と称賛。アンジェリーナもマレフィセントに変身したデヴィ夫人を見たそうで、「ゴージャス! デヴィ夫人、とても美しく変身したわね。本当にゴージャスよ!」と大絶賛していました。

デヴィ夫人 マレフィセント デヴィフィセント コスプレ メイク

 アンジー演じるマレフィセントに近づくため、緑色のカラコンを装着したり、真っ赤なリップを塗ったり、アイメイクを施したりとノリノリのデヴィ夫人。「カラーコンタクトを入れた途端にマレフィセントの魂が私に宿った気がしました。とってもエキサイトしました」と語っています。

 また、“マレフィセント・メイク”について自身のブログで振り返っており、「日頃から“デヴィフィセント”と称して、あちこちに出没している私(笑)このお仕事は、とっても嬉しくて、大好きなアンジェリーナ・ジョリーと、マレフィセントを通して時間を共有しているようで、とても楽しかったわ〜」と「世界の果てまでイッテQ!」などで披露しているデヴィフィセントとは違った感動を覚えたようです。


(C))2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた