ニュース
» 2019年10月24日 16時00分 公開

「やっとって感じだ」「思い切ったなー」 ハロプロ、2020年からコンサート&イベントでのジャンプ禁止を発表 (1/2)

多くのトラブルがあったもよう。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 「ハロー! プロジェクト」が10月24日、コンサートやイベント中のジャンプ行為を禁止することを公式サイトで発表。これまでも過度なジャンプを原因とする多くのトラブルがあり、スタッフが声がけしてきたものの状況が改善されなかったため、禁止に踏み切ったとのことです。

ハロプロ ジャンプ禁止 モー娘。 コンサート ライブ ハロプロからのお知らせ(画像は「ハロー! プロジェクト」公式サイトから)

 公式サイトでは、コンサートやイベント中に来場者が過度なジャンプを行い、周囲の人の視界を妨げたり接触したりすることによるトラブルに加え、転倒や負傷、座席や会場設備の破損などが発生していることを報告。イベントやコンサートを開催する際には、公式サイトのイベント詳細ページに禁止行為として「周囲のお客様の視界を遮るジャンプ行為、演出・進行の妨げになるタイミングでのジャンプ行為」を明記しており、コンサートによってはジャンプ許可エリアを設けるなどの対策を実施しています。

 しかし、10月20日に埼玉県「大宮ステラタウン」で開催されたアイドルグループ「つばきファクトリー」の「秋の感謝祭in埼玉 ミニライブ&握手会イベント」では、ジャンプ許可エリアが設けられていたにもかかわらず、禁止エリアでジャンプをするファンが目撃されていました。

 いっこうに状況が改善されることがなかったため、公式サイトでは「2020年1月2日以降、各ユニットを含む全てのHello! Projectコンサートにおいて、ジャンプ行為は禁止とさせていただきます」と告知。また、これまで禁止されていたアルコール類の持ち込みや飲酒しての入場や必要以上に大きな声でのコールなど、複数の禁止事項についてあらためて伝えています。

ハロプロ ジャンプ禁止 モー娘。 コンサート ライブ ハロプロに所属しているアーティスト(画像は「ハロー! プロジェクト」公式サイトから)

 ハロプロの決定に、ファンからは「やっとって感じだ」と安堵(あんど)する声や「ジャンプ禁止は思い切ったなー」と驚く声も。また一方で、「ルールを守れない馬鹿のせいで、曲中でみんなで合わせてジャンプをする曲もダメになってしまうなら悲しすぎる」「曲によってはアリとかするのが一番いいんだろうかとそれだと曖昧になっちゃうんもんね」と、ジャンプを楽しむ曲についての言及も見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」