ニュース
» 2019年10月26日 13時42分 公開

「家なし子でーす!」 安達祐実、「ゾンビランド:ダブルタップ」で“家なしギャル”に

年齢不詳のセクシー&キュートなギャル役に挑戦

[のざわよしのり,ねとらぼ]

 ルーベン・フライシャー監督のコメディーホラー映画「ゾンビランド:ダブルタップ」(11月22日公開)の日本語吹替版に安達祐実さんが出演することが発表されました。ゾンビだらけの世界で明るく生き抜く年齢不詳のギャル、マディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)の吹替を担当します。

ゾンビランド続編 ヴェノム デッドプール 安達祐実 中村悠一 小山力也 安達さんが声を演じるゾーイ・ドゥイッチ(右)

 「ゾンビランド:ダブルタップ」は、2010年に日本公開された「ゾンビランド」の続編。フライシャー監督を始め、ウディ・ハレルソン(タラハシー役)、ジェシー・アイゼンバーグ(コロンバス役)、アビゲイル・ブレスリン(リトルロック役)、エマ・ストーン(ウィチタ役)らメインキャストが続投し、前作から10年後の物語が描かれます

 日本語吹替版のキャストは、小山力也さん、中村悠一さん、本田貴子さん、秋山ゆずきさんの4人が発表されており、安達さんの追加発表に伴い、マディソン登場シーンの動画も公開。コロンバス(中村さん)、タラハシー (小山さん)との軽快なやりとりの中には、「家なし子でーす!」とどこかで聞いたことがあるようなせりふも登場しています。


 安達さんは今回のキャスティングに、「ハリウッド映画の吹替に初挑戦ということで、とても緊張しています」とコメント。「マディソンは年齢不詳なところがあり、私も時々年齢不詳と言っていただくことがあるので、それで起用していただいたのかなと思います」と、自身が年齢不詳と呼ばれることに触れつつ、「この作品は主人公たちがルールを駆使して、明るくゾンビと戦っていく作品です。ぜひゾンビランドの世界を楽しんでください!」と呼びかけています。


ゾンビランド続編 ヴェノム デッドプール 安達祐実 中村悠一 小山力也 前作「ゾンビランド」のメインキャストが再集結!

「ゾンビランド:ダブルタップ」

11月22日(金)<ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


  • 監督:ルーベン・フライシャー(「ヴェノム」「ゾンビランド」)
  • 脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(「デッドプール」)、デイヴ・カラハム
  • 出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.