連載
» 2019年10月29日 18時00分 公開

アピールしないと仕事は生まれないクリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第4回 イリヤ・クブシノブ(1/2 ページ)

イラストレーターのイリヤ・クブシノブさんにインタビュー。

[島田一志/いちあっぷ編集部,ねとらぼ]

「クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書」とは

クリエイターに役立つ情報を発信するWebメディア「いちあっぷ」がお届けする連載企画。ねとらぼエンタでは、各インタビューの前編を転載掲載していきます。後編は「いちあっぷ」のサイト内でご覧ください。



クリエイターズ・サバイバル イリヤ・クブシノブ イラスト アーティスト 攻殻機動隊

 「クリエイターズ・サバイバル」第4回に登場していただくのは、イラストレーターのイリヤ・クブシノブさん。近年ではイラストの仕事だけでなく、アニメ制作にまで仕事の幅を広げている話題のクリエイターに、単身ロシアから日本に渡ってきて、いかにしてこの業界でサバイブしてきたかを伺った。

 前編では、ロシア時代の話と絵を描くためのモチベーションの保ち方、そして、日本でイラストレーターとしてデビューするまでの話を中心に語っていただいた。


6歳のときに衝撃を受けた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」

―― ロシアで生まれたイリヤさんは、日本のアニメ、漫画、ゲームの影響を受けて育ったそうだが、それらの作品とはどういうきっかけで出会ったのだろうか。

 13歳のころの話ですが、英訳されている日本のアニメのDVDやコミックスをたくさん持っている友人がいて、彼のコレクションを見せてもらいハマりました。日本のアニメや漫画は、他の国で作られているものと違って、物語やキャラクターの内面描写がとても深いものが多いので、何よりもまずそこにひかれましたね。

 もともとは6歳のときに「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を見て衝撃を受けてはいたんですが、当時はお店に行っても日本の漫画はほとんど売っていませんでしたし、アニメのDVDもない。ですからその友人と出会うまでは、たまにアニメ映画を見るくらいでした。

 そのあと、2002年にモスクワに引っ越したのですが、そのころにはいろいろなアニメを見ていました。日本のアニメが好きなグループがあって、その人たちと一緒に週末にDVDを見るようなこともありました。同じように日本のゲームのストーリー性やキャラクターにもひかれていきましたね。


―― 6歳のときに見た「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」は、どういう衝撃をイリヤさんに与えたのだろうか。

 とにかく怖かった(笑)。6歳のときにあの難解なストーリーを理解できたとは思えませんので、ただただビジュアルにショックを受けたんです。

 それまで知っていたアニメは、動物がしゃべってコミカルな動きをするような子どもっぽい作品ばかりでしたので、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」みたいな過激なアクションをアニメで見たこと自体に衝撃を受けたんだと思います。

 そのせいか、そのあとに好きになったアニメや漫画も、「AKIRA」をはじめ、だいたいくらめのストーリーのサイバーパンクっぽい作品が多いですね(笑)。

クリエイターズ・サバイバル イリヤ・クブシノブ イラスト アーティスト 攻殻機動隊 ▲2019年11月発売のイリヤさんの画集第2弾。3年間で描かれた300点以上のアートワーク、イリヤさんがキャラクターデザインを務めた「バースデー・ワンダーランド」「攻殻機動隊 SAC_2045」も含まれている

―― サイバーパンク系以外の作品では、『羊のうた』や『イエスタデイをうたって』など、冬目景さんの漫画からの影響もイリヤさんは公言されている。

 冬目さんの漫画と出会ったのは大学生のときでした。『羊のうた』のロシア語版が出ていたので興味を持ちました。当時ロシア語に翻訳されている日本の漫画はほとんど読んでいましたけど、『羊のうた』が一番ハマった作品ですね。

 最初はストーリーにひかれ、気が付いたらキャラクターのとりこになっていた感じです。とりこというか、何人かの冬目キャラは“現実にいる自分の友達”のような存在(笑)。

 大学時代、ちょっと精神的に落ち込んでいた時期があったのですが、『イエスタデイをうたって』のおかげで元気を取り戻すようなこともありました。だからあの作品のヒロインのハルちゃんは、いまでも私の精神的な友人なんですよ。彼女の存在に何度助けられたか分かりません。日本の漫画やアニメにはそういう力があるんですよね。

 2015年に漫画が終わったときは、悲しくて自分でファンアートのような動画を作りました。


クリエイターズ・サバイバル イリヤ・クブシノブ イラスト アーティスト 攻殻機動隊 ▲イリヤさんの作業机。机には冬目景さんのサイン色紙が飾られている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」