ニュース
» 2019年10月29日 17時30分 公開

「ほんま、おおきに」関西弁をしゃべるロボットつき ダイハツ、自動運転コンセプトカー「ICOICO」発表

関西弁ロボットがサポートしてくれる未来のクルマ。

[だい,ねとらぼ]

 ダイハツは、東京ビッグサイトにて開催中の東京モーターショー2019(一般公開日10月25日〜11月4日)で、自動運転のコンセプトカー「ICOICO(イコイコ)」と付属の会話ロボット「NIPOTE(ニポテ)」を初出展しました。

東京モーターショー2019 icoico 「ICOICO」と「Nipote」

 自動運転コンセプトカー「ICOICO」は、人々の日常的な移動をサポートする「パブリックトランスポーター」として開発されている乗り物。細い道でも軽やかに移動できるコンパクトサイズで、大きく開くドアと格納式のスロープが備わっており、車いす利用者やキャリーバッグを持つ人も気軽に利用できるよう設計しています。

東京モーターショー2019 icoico 「ICOICO」は片側のみのドアながら、広々としたドアと内部を感じられます
東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico 4シートで、座席の回転が可能
東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico 車両上部は透明なルーフがあり、コンパクトながら圧迫感はほとんどありませんでした
東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico

 そして、「ICOICO」に付随する支援ロボットとして開発されたのが、関西弁をしゃべる「NIPOTE」です。

 利用者に道案内をするといったユーザーアシストが主な役割で、東京モーターショーに出展したダイハツブースで、実際にどのように働くのかを見てきました。

東京モーターショー2019 icoico
東京モーターショー2019 icoico NIPOTE用ワイヤレスチャージャー

 どこか愛嬌のあるルックスをした「NIPOTE」は、「ICOICO」車内にある充電機能つきスタンドに移動していく様子から、「こんにちわ、NIPOTEです。イタリア語で、孫っていう意味やで」「ほんま、おおきに」と、関西弁でユーザーに話しかける機能を披露しました。

 NIPOTEはICOICOのコントロールにも関わっていて、利用者が「どこに行きたいのか」を認識して、移動先を設定する役割を担っています。

 まるで友達感覚のように話せて、行きたいところへ連れて行ってくれる乗り物。まさに未来のクルマといった感じですね。

だい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.