ニュース
» 2019年10月30日 14時50分 公開

ダルビッシュ有「初の料理動画です」とチャーシュー作成 無言、手元のみ、生活音入りまくりの漢仕様

ニコ動感ある画面構成。

[コンタケ,ねとらぼ]

 メジャーリーガーのダルビッシュ有さんが、YouTubeで初めて料理動画を公開しました。きっとスタジオで「さあ今日は料理をしまーす」みたいな感じで始まるんだろうなぁ思って開いてみたら、それはもう大変シンプルな構成の動画となっていました。まさか全部字幕説明とは予想できなんだ……。




 動画のタイトルは「野球バカでも簡単に作れてしまう自家製チャーシュー」で、動画の概要によると「オフシーズンによく作りますが評判はいいです」とのこと。また、Twitterでは「絶対美味しいので是非作ってみてください!」とコメントしており、味には自信があるようです。

 いざ動画を開くと、あいさつや今回作る料理の説明など一切なくいきなり鍋に水を入れるシーンから始まります。そして写っているのは手元のみ。音楽もなし。無駄がなさすぎる。


ダルビッシュ 冒頭いきなりこのシーンからスタート。あまりにも無駄がない

 しょうゆ、みりん風調味料、酒、砂糖と入れていきますが、みりん風調味料と酒は100ml“ぐらい”と目分量の様子。ある程度アバウトでもOKな作り手に易しいレシピです。

 この後も「長ネギの青い部分を適当に切る」「生姜 適当」「にんにく 3、4個ぐらいをつぶす」「黒酢 50mlぐらい」とアバウト目に進みます。一切しゃべらず黙々と進んでいき、言われなければ誰が料理しているか分からないほど画面にダルビッシュさん要素がありません。

 さらに半熟卵を低温調理器で作成。すると、ここで家族と来客らしき人の声と、あいさつするビッシュさんの最初で最後の声がようやく入ります。生活音もガンガン入りまくるなか、最後はご飯の上にチャーシューと卵を盛り付けて完成。いざ実食……せずに動画は終わり。最後まで顔は出しませんでした。「料理をしているダルビッシュ」ではなく、主役はあくまでもチャーシューとレシピということのようです。


ダルビッシュ 出来上がったチャーシュー。うまそうである

 ダルビッシュさんは今回の動画について、「色々突っ込みどころはあるかと思いますが、底辺YouTuberであり意識低い系YouTuberでもあるので基本面倒くさいこと、凝ったことはしません。改善もしません。ですが応援は求めます!」と正直にコメントしています。

 動画コメント欄では、「メジャーリーグベースボールを副業にした男」「生姜とネギの適当感好き」「大物なのに自分で編集してることに好感がやばい」「シンプルすぎて逆に見やすいのがポイント」「普通にyoutuberしてて草」「さすが元日ハムの選手なだけあって肉料理はお手の物ですね」といった声があがっていました。また、一部のコメントにダルビッシュさん自身が「いいね」をしたり返信もしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.