ニュース
» 2019年10月31日 23時46分 公開

アニメ「星合の空」製作委員会、エンディング映像めぐり謝罪 踊り手に事前確認せず

「踊ってみた」動画にそっくりだと指摘されていました。

[ねとらぼ]

 アニメ「星合の空」のエンディング映像が既存の「踊ってみた」動画にそっくりだと指摘されていた件で、同作の製作委員会は10月31日に謝罪文を発表しました。

 製作委員会はTwitterで公開した謝罪文で、「エンディングアニメーション制作過程において、著作権に対する意識が十分でなかった」とコメント。当該の踊ってみた動画を作成した踊り手のめろちんさん、七河みこさんに事前の確認をしていなかったと認めて謝罪しました。めろちんさんと七河さんは作品に対する思いをくんで協力してくれることになったとしています。

 「今後は、このようなことがないよう制作体制を見直し、本作品の制作に取り組んで参ります」(製作委員会)

謝罪文(公式Twitterから)

 問題の映像は17日に放送された第2話で初披露されたエンディングでのダンスシーン。23日にめろちんさんと七河さんがTwitter上で、自身のダンス映像と、エンディング映像の振り付けの類似を指摘し、翌24日に製作委員会は「現在事実関係の確認を進めております」とコメントしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.